(あの人、お肌汚い…)手をかけていても「汚肌」認定されてしまう女性のNG習慣4つ

写真拡大

それなりに気は使っているのに、周りから(あの人、お肌汚い……!)と思われていたら、とても残念。

「あの人、メイク下手だよね〜」と言われてしまう女性の共通点6つ

「生活がすさんでいそう」「女を捨てているのかしら?」などなど、お手入れの成果が思うように出ていないと、ときとして周囲の感想は残酷なものに……!

実は、自分としては「十分、お肌のケアをしているのに!」と思っていても、ちょっとしたダメな習慣があるせいで思うような美肌になっていないこともあります。

そこで時短美容家の筆者が、手はかけていても、周囲から「お肌が汚い」と思われやすい女性にありがちなNG習慣を4つご紹介します。

1. メイク落としが不十分

メイク落としが不十分だと、毛穴にメイクが詰まるだけでなく、皮脂と混ざって汚肌を招く要因にもなりやすく、気づかないうちにお肌をダメにしてしまいます。

「ちゃんと毎日メイク落としを使っている」という女性でもメイクが落ちきっていないこと、意外とあるのです。

コットンに拭き取り用化粧水を含ませて汚れが残っていないか、ぜひチェックを。この時にファンデーションなどがコットンに付着するようならば、普段のメイク落としでは十分に汚れが落ちきっていないサインです。

メイク落としを変えてみたりW洗顔を取り入れたりして、パーフェクトな洗顔を心がけてみて。

2. 保湿が足りていない

「スキンケアでは、ちゃんと化粧水も乳液も美容液を使っている」という女性でも、保湿不足によってお手入れの成果が出ていないこともあります。

保湿が足りないと、乾燥だけでなく肌荒れなどの諸悪のもとにもなりやすいので、たっぷりの保湿がスキンケアの基本。

ケアした直後には潤っている感じがしても、なかなか思うような美肌に到達していないならば、さらなる保湿が美肌へのカギになるかもしれません。

スキンケアのあと、しばらくしてお肌に潤いが残っていないようなら、使用するスキンケアアイテムを変えてみたり美容液を導入してみたり工夫してみると、改善への近道に。

3. エイジングや目的に合う化粧品を使っていない

スキンケアアイテムは、それぞれに色々な工夫がされている製品がほとんど。

年齢肌向けにはエイジングに適した成分が入っているなどの特徴があります。

けれど「化粧品なんてどれも同じでしょ?」と、年齢を重ねたのに若い世代向けのコスメを使っていたり、しっとりさせたいのにサッパリタイプを使ったりと、目的と合わないコスメでケアしてしまえば、なかなか思い通りの美肌にならないことが。

お肌の調子は季節や生活スタイルによっても変化するので、使用するコスメの組み合わせもアップデートしていくのがベターです。

4. ファンデーションなどのベースが肌に合っていない

すっぴん肌はキレイなのに、メイクのせいで汚肌に見えてしまうということも!

ファンデーションなどのベースメイクが肌に合っていないと、パッと見に不自然な印象を醸し出し「お肌が汚くない?」という感想を持たれてしまうことまであるのです。

首の色と合っていないのは違和感を醸し出す代表格ですが、ゴワゴワ肌に見える質感や粉っぽく浮いて見えるパウダーなどお肌に合っていないベースを使っているだけで、実物よりもはるかに肌が汚く見えてしまう原因になるので、気をつけてください。


「お手入れもしているし、それなりにお肌に気を使っている」という女性でも、陥りがちな盲点があります。

周りから密かに(汚肌だなぁ)などと思われていたら、とってもショック。

心当たりがあった方は、ぜひ日頃の習慣を変えてみるよう意識してみてください。