お金貯めたい。あなたに向いてる節約法は? #深層心理

写真拡大

無意識のうちにとる行動や選ぶ答えには、自分でも気づいていない本音や真実のあなたが隠れています。

Q. 次の言葉を、直感で「大人」と「子ども」に分けてください。
【ロングバーケーション・ビーチボール・飛行機・そうめん】
結果はどうなった?

a. 「大人」にした言葉が多かった
b. 「子ども」にした言葉が多かった
c. 「大人」と「子ども」に分けた言葉が同数だった

レジャーは子ども、お金を貯めることは大人にカテゴライズされる言葉。

夏から連想するワードをどんなふうに解釈したかによって、ストレスにならないプチ節約法を診断します。

aを選んだあなたは

常識的な金銭感覚を備えているのが、aを選んだ人。理性のブレーキもほどよくきいているあなたは、レジャー費を使いすぎたりしないかも...。

あなたがストレスなくできる節約法は、自炊。家庭菜園で野菜を作ったり、ストックレシピを作ったり、楽しみながらトライをしてみましょう。

bを選んだあなたは

bを選んだ人は、堅実そうに見えて、タガが外れやすいタイプ。とくにイベントシーズンは、「特別だから...」と財布のヒモをゆるめがちです。

物欲が強いあなたにとって、買い控えはストレスになりそう。不用品や激安店を活用するなど、ほしいという欲を満たしつつ節約をするのが良さそう。

cを選んだあなたは

cの答えを選んだ人は、ふたつの要素を持つ選択肢同様、バランス感覚に優れています。お金を使いすぎたと思ったら、無意識のうちに調整できるはずです。

あなたにとってストレスのたまらない節約法は、小銭貯金。夜、財布に残っている小銭を貯めていけば、自然とリッチになれそう。

答えはすべて、あなたの心のなかにあります。この心理診断をナビゲーターにして、ハッピーな未来にしましょう。

写真/Shutterstock