マンボミュージシャン、ラテンパーカッショニスト、マン盆栽(フィギュアと盆栽の組み合わせ)の家元、グリーンランド国際サンタクロース協会公認サンタクロースといった肩書を持つ、パラダイス山元さん。

じつは入浴剤ソムリエでもあります。そんな山元さんがプロデュースしたのが、写真の入浴剤「蔓潤湯椿」です。

メーカーのHPによると「伊豆大島産の椿の実を、伝統の玉締め式で現地搾油した天然椿オイル(保湿成分)を100%使用。芯から冷えたカラダを、ツルツルほっかピカ、しっとりお肌に。ドミニカ産天然ビターオレンジオイルのさわやかで自然な香り」との記述が。

使ってみると、たしかに看板に偽りなし。「ほっかピカ」という表現が当てはまるお湯が楽しめて、香りもフレッシュ。

洗面所の見えるところにわざわざ置いておきたくなる秀逸なパッケージデザインも気になります。こちらは著名なアートディレクター秋山具義さんによるもの。

入浴剤なんてどれも同じ、と思っている人にこそ試してもらいたい逸品ですね。

公式オンラインショップで購入可能です。

リアルに使えるもの、使っているもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。