東京カレンダーWEBの人気コンテツのひとつ、したたかな腰掛けOLを題材とした「にゃんにゃんOL物語」。今回は、よりリアリティを追求すべく、丸の内に勤務するOLを徹底リサーチ!

そこで得た解答を元に丸の内にゃんにゃんOLの実態をストーリー仕立てでご紹介。彼女たちがガチで通うレストランが見えてきた!



【PROFILE】東京都出身の26歳。有名女子大学卒業後、父の会社と同じ財閥系の銀行へ一般職として就職。交際1年になる彼氏あり。結婚後は専業主婦になる予定

より経済力のある男性へ目を向けたくなるお年ごろ

秋の始まりの18時、夕陽が差し込む丸の内仲通りを彼氏と手を繋いで歩く。やっぱり彼氏が丸の内勤務じゃないと、この辺りで堂々とできて楽だ。元カレは同じ会社だったから丸の内デートは拒否されていた。

いまの彼はファッションの仕事をしていて、面白いし、優しいし、いつもお洒落。ただ気になるのは……もっと経済力のある男性はいるだろうってこと。彼氏としては楽しくても、結婚となると話は違う。

私、来月誕生日なんだけれど、万が一プロポーズされたりしたらどうしよう。なんて考えながら笑顔で彼を見上げる。

「へえ、こんなビルの中にマジックバーなんてあるんだ。雰囲気もレトロで丸の内っぽくない」

『マジックバー丸の内 十時』はみんなが「面白いよ」と薦めるから気になっていた場所。



席でお酒を飲んでいると、マジシャンさんがテーブルにきて目の前で技を披露してくれた。いきなりトランプが燃えたり想像を超えるマジックにふたりで大盛り上がり!

この店はマンネリ化したカップルでも会話が弾むと評判だったことに納得した。私たちも、いつもより仲よく過ごせたのだった。

実は私には密かな目標があって、それは主婦インスタグラマーになるということ。そうなると自分を撮影する時にハイブランドの洋服を着たいし、マンションの壁もきれいじゃないと。

主婦になる前に花嫁ブログをつけるのも理想。結婚式はやっぱり『パレスホテル東京』だろう。

たまにパンを買いにホテルの地下を通ると、『Hatsuko Endo』でウェディングドレスの試着をしているプレ花嫁さんを見かけて憧れる。私が目指すところは、あそこだなと自覚した。

そして結婚相手が丸の内のエリートならそれらの夢はすべて叶うように思えた。




生きてるだけで誘われる。それが26歳、美人OL

「今度4人くらいでランチしませんか?」

私が担当する窓口は仕切りのある半個室だから時々勤務中にお客さんに誘われる。好都合なのが業務上、相手の勤め先を把握できることだ。

有名証券会社なら行かない理由は見当たらず、「メールしますね」とさり気なく返答をした。彼の会社のPCに挨拶メールを入れるとすぐに返事がきて『ウルフギャング・ステーキハウス』でランチをすることが決まった。

ここでLINEじゃないところが軽そうに見せないポイント。女、26歳。高嶺なこの時期をふいにしたくない。若くてかわいいのは当たり前。それならその当たり前があるうちに、チャンスを掴みたい。



約束の日、お客さんとその同僚がすでに席に着いていた。同僚の方がイケメンだった。

「こんなに美味しいお肉初めて食べました!」

実はここ3回めだけれど、ここはそう答えておく。皿ごとオーブンで焼きあげた熱々のステーキをみんなでシェアしたら妙な一体感も芽生えた。

会は盛り上がり、次は4:4の拡大バージョンでお食事会をすることになった。

私とイケメンの彼が幹事になって、場所はリニューアルしたばかりの『レゾナンス』に決定。今月も忙しい。


彼女の前に現れた丸の内最高クラスの外資金融くん




条件のいい人が山ほどいる丸の内がやっぱり好き

金曜の夜、彼氏は仕事だし、読モ友達で同じ丸の内OLと遊びに行くことにした。

いつも女同士なら歌謡喫茶の『来夢来人』が楽しいけれど、髪もメイクもいい感じの今日は、もっと人目につく場所に出かけたい。となると『BAR of TOKYO』が頭に浮かんだ。ビアバーだから仕事終わりの男性も多くいる。

それかTOKIAビルでしょ。あのビルって景気のいいアジアの都市みたいな雰囲気があって当然のように男女が出会う。女2人で行って声をかけられなかったことはほとんどない。

酔った普通のサラリーマンで溢れるコリドー街とまるで違って、世界最強の優良企業が入るテナントは私にはキラキラ輝いて見える。



TOKIAの一階に行こうとしたら、さすがは金夜、狙っていた外のスタンディングスペースに競合になるモデル風美女軍団がいたから諦めて2階の『MUCHO』へ行った。

「ひとりですか?」

と着いて3分でさっそく声をかけられてしまった。

「友達を待っているところなんです」
「俺もいま上司を待っているところで、このビルの上にいるんだけど遅いんだよね」

これはもしや…



「海外から来ている時間にルーズな上司でさ」

きた、丸の内でも最高クラスの外資金融。金曜だから店内は凄く混み合っていて、近づいて話さないと聞こえないほどだった。

「彼氏いるの?」
外資金融くんがとろんとした目で聞いてきた。

いるって答えるんだったら、ここには来ない。


丸の内にゃんにゃんOLがガチで通うレストランリスト


丸の内にゃんにゃんOLが居る(かもしれない)お店はコチラ!

丸の内にゃんにゃんOLの生態はいかがだっただろうか?やはり、お誘いも多い美人OLだけあって雰囲気も料理も高水準なレストランを舞台に楽しんでいた。ここでは物語に登場した丸の内のホットスポットを紹介する。




『マジックバー丸の内 十時 丸の内ブリックスクエア店』
思わず童心に返る不思議の数々。記憶に残る特別な時間を

有名デザイナーが内装を手がけた高級感漂うラウンジのような店内。お酒を片手に談笑するのは、落ち着きのある大人達……。

そんな空間も、ステージマジックが始まれば、手練れのマジシャンが巻き起こす不思議に雰囲気が一転、店中が驚嘆と笑い声に包まれてしまう。

幕間には目の前で披露されるテーブルマジックに、誰もが「えー?」「なんでー?」をつい連発。もし初デートでの沈黙を恐れてるなら、絶対『十時』に来るべき。

あざとさも駆け引きも忘れて、思わず本気で驚く不思議体験は、鮮やかな色のオリジナルカクテルとともに、ふたりの特別な思い出になるはず。



「他では味わえない驚きを体験しなくちゃ損ですよ!」とメインマジシャンのゆうこさん。料金は大人¥6,000、ランチ+ショーのランチタイムは要予約で大人¥3,500、子供¥2,500。





『ウルフギャング・ステーキハウス 丸の内店』
美食家もセレブも御用達!NY発祥の極上ステーキハウス

NYの名門ステーキハウスで40年以上活躍した人物が創業したステーキハウス。重要文化財「明治生命館」の格調高くエレガントな空間で、“世界一美味しい”と評されるステーキをいただくことができる。

ジューっと豪快な音を立てる最高級ステーキを囲んだら、その後の人間関係もうまくいくこと必至。贅沢なお肉でテンションをあげて、仲を深めよう。



空輸したプライムグレードの牛肉を店内で28日間ドライエイジングさせる「プライムステーキ2名用」(¥17,280)は、皿ごと900℃の特注オーブンで表面はカリッと、中はレアでジューシーに焼き上げられる。



ランチタイムに提供される「プライムビーフ100% クラシックバーガー」(¥1,944)。ステーキと同じプライムビーフを使った280gのパテを使用、女性ふたりならシェアでも満足。





『レゾナンス』
洗練と開放感いっぱいの店内で気分次第のアラカルトディナーを

ゆとりある空間で食事が楽しめるダイニングが、この夏リニューアルオープン。大きな窓が特徴的で、昼は陽光が降り注ぎ、夜は丸の内の輝きが映える。この街に似つかわしく洗練のひと言だが、カジュアルにも利用できる雰囲気もあり。

メニューはアラカルトが中心で、有機にこだわった野菜料理や、産地を厳選した豚料理などがおすすめ。同グループのオリジナルを含むクラフトビールと合わせて欲しい。



「和豚もち豚肩ロースの炙り」(¥1,680)など脂の美味しさ際立つ和豚もち豚料理がイチオシ。



「フムス(ギリシャ風ひよこ豆のディップ)」(¥680)と、茹でたり炙ったり複数調理法で野菜が美味しい「有機野菜サラダ ミネラルドレッシング&黒ニンニクディップ」(¥1,380)。


遭遇率高めな丸の内イチの出会いのスポット




『来夢来人』
昭和の妖艶ムードと酒と歌。絶妙な演出に心地よく酔う

ドアの向こうには昭和のスナック空間。どこか官能的で、懐かしさと猥雑さがミックスされた、70年代の雰囲気が漂う。バーでもあるためお酒が豊富で、ウイスキーだけで40種類以上、他にもカクテル・ワイン・コニャックに日本酒と幅広く揃う。

レース編みがかかるグラスの「ハイボール」(¥864)、氷の上に並んだ昔ながらの「レーズンバター(¥864)」、スナック利用のカラオケ1曲¥324……。随所に70年代を感じさせる演出があって心にくい。

男性は女性同伴でないと入れないという女の園的なスタンスも相まって、リピーター続出。デートの脱マンネリ化にも使えるかも!?



「ハイボール」のスタンダードは「ホワイトホース」。利用料金はテーブルチャージ(1人)¥1,080、ボトルを入れたらセット¥1,620。フリードリンク+歌い放題(2時間)¥4,104。





『BAR of TOKYO 丸の内トラストタワー店』
トレンドはここに集まる。今ホットなニュースタイルバル

高い天井にシャンデリアのゴージャス感、広々とゆとりを感じさせるスタイリッシュ空間。扉を開ければアップテンポなBGMが流れ、楽しい夜や週末を予感させる。

ゴキゲンな音楽のなか、種類豊富な世界のボトルビールやワインを手に持てば、思わず声が大きくなり、トークにも弾みがついてしまうというもの。

実は同店、ランチもリーズナブルでコスパがいいと高評価。女子の間ではサラダバーのクオリティが高いことでも評判だ。



「小エビのアヒージョ」(¥750)などのタパス料理や生牡蠣、がっつり肉料理まで何でも揃う。



女性に人気の「フレッシュメキシカンワカモレ」(¥980)。良質なアボカドをホイッパーを使って潰し、ゴロッとした果実の食感を残している。ハラペーニョのピリ辛感がやみつきに。





『MUCHO -MODERN MEXICANO-』
肩肘張らないラテンの雰囲気で野菜たっぷりのメキシカン

丸の内界隈でも最も出会い(を求める人)が多いといわれるTOKIAビル。その2Fにある、原色を基調とした魅惑のインテリアが目をひくメキシコ料理店がこちら。

陽気さあふれるスタッフのかけ声や店の雰囲気などすべてがメキシコそのもので、入店早々楽しく上機嫌になれること請け合い。

料理は都内屈指ともいえる本格的メキシコ料理で、ワゴンで提供するワカモレや、ミントたっぷりのモヒートなどが揃う。ラテンな気分になったら、出会いのある夜になるかも。



目の前でテキーラをかけて火を付ける「チキンファヒータ」(¥1,700)など、パフォーマンスも思いっきりメキシカン!



ワゴンで客の好みを聞きながらサルサや調味料をミックスし、味を仕上げていく「フレッシュ・ワカモレ」(¥950)。店内で揚げているチップスもカリカリして美味。




本日発売の月刊誌「東京カレンダー11月号」は一冊丸ごと、丸の内特集!

「丸の内」の裏の顔、すべて見せます!


丸の内の裏側で起こっている人間模様のすべてが、最新号「東京カレンダー11月号」に!

丸の内ビジネスマン、OL必携の一冊!この街の最新情報が分かる、保存版・丸の内パーフェクトバイブルだ!

・丸の内ワーカーのリアルな「夜の過ごし方」
・丸の内の「名店」が超一流である理由
・丸の内「OL図鑑」
・丸の内エリートの「行きつけリスト」

【月刊誌のお求めは・・・】
・最新号をすぐに手に入れたい方はこちらからお求めください!
・大好評!「定期購読プラン」がとにかくオススメ!
雑誌とデジタル版の両方が楽しめて、なんと最大半額!!あなたも、定期購読で『東京コンプリート』を目指そう!

※リンクはFujisan.co.jpに移動します。
※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今月は9/21(木)!!