香川の今季初得点が決勝点に! ドルトムントが酒井先発のHSVを下し連勝

写真拡大

 ブンデスリーガ第5節が20日に行われ、ハンブルガーSVとドルトムントが対戦した。

 ハンブルガーSVは主将を務める日本代表DF酒井高徳が今シーズンリーグ戦初スタメン。ベンチには柏レイソルの育成組織出身で、ハンブルガーSV U−21で主にプレーする伊藤達哉が入っている。ドルトムントは日本代表MF香川真司がスタメンに名を連ね、日本人対決が実現した。

 迎えた24分、アンドリー・ヤルモレンコのFKをエメル・トプラクが頭で合わせる。このヘディングシュートが一度は香川に当たってしまうが、自ら右足で蹴り込みゴールネットを揺らす。香川の今シーズン初得点が決まり、ドルトムントが先制した。

 後半開始早々の48分、追いかけるハンブルガーSVは酒井を下げて、ドウグラス・サントスを投入する。

 すると63分、クリスティアン・プリシッチが左サイドのヤルモレンコへ展開。ドリブルからシュートに持ち込むと、相手DFに当たってコースが変わったところをピエール・エメリク・オーバメヤンが押し込み、ドルトムントがリードを2点差とする。66分には香川とヤルモレンコに代えて、マハムド・ダフードとマキシミリアン・フィリップがピッチに立つ。79分にはプリシッチが決定的な3得点目を奪い勝負あり。

 試合は0−3で終了。ドルトムントは開幕から無敗をキープし、2連勝を達成した。一方のハンブルガーSVは3連敗を喫している。ともに先発出場となった香川は66分、酒井は48分までプレー。香川は決勝点を記録している。

 次節、ハンブルガーSVはアウェイでレヴァークーゼンと、ドルトムントはホームでボルシアMGと対戦する。

【スコア】
ハンブルガーSV 0−3 ドルトムント

【得点者】
0−1 24分 香川真司(ドルトムント)
0−2 63分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
0−3 79分 クリスティアン・プリシッチ(ドルトムント)