前半24分、今季初ゴールとなる先制点を決めたMF香川真司

写真拡大

[9.20 ブンデスリーガ第5節 ハンブルガーSV-ドルトムント]

 ブンデスリーガは20日、第5節2日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムントは敵地でハンブルガーSVと対戦した。香川は左インサイドハーフで今季リーグ戦初先発を飾ると、前半24分に今季初ゴールとなる先制点をマークした。

 前半24分、PA右のゴールライン際でFKを獲得したドルトムント。FWアンドリー・ヤルモレンコのキックをDFエメル・トプラクが頭で捉えると、これがゴール前の香川に当たって足下にこぼれる。すかさず右足でわずかにボールを浮かし、ゴールネットを揺らした香川。貴重な先制点が自身にとっても今季初ゴールとなった。


●海外組ガイド

●ブンデスリーガ2017-18特集