『ブレードランナー2049』ハリソン・フォード、“デッカード”として35年ぶりの来日決定!

写真拡大

 10月27日に公開される映画『ブレードランナー 2049』より、“デッカード”を演じるハリソン・フォードが来日することが決定した。

 本作は、リドリー・スコット監督が1982年に発表した『ブレードランナー』の続編。フォードが“ブレードランナー”デッカード役を続投し、『ラ・ラ・ランド』のライアン・ゴズリングがデッカードの行方を追う“ブレードランナー”Kを演じる。スコットは製作総指揮を務め、『メッセージ』のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督がメガホンを取った。

 『スター・ウォーズ』シリーズや、『インディ・ジョーンズ』シリーズなど、幾多の作品で来日を果たしてきたフォード。フォードが“デッカード”として来日するのは35年ぶり。さらに、アナ・デ・アルマ、シルヴィア・フークス、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督らの来日も決定。来月10月18日実施予定のジャパンプレミアにて、日本のファンの前に登場予定となる。

(リアルサウンド編集部)