香川がリーグ初先発で今季初ゴール!…味方シュート阻止も押し込み先制弾

写真拡大

 ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司が、20日に行われたブンデスリーガ第5節のハンブルガーSV戦で、今シーズン初ゴールを記録した。

 開始24分、右サイドからのFKでアンドリー・ヤルモレンコが中央にボールを送ると、エメル・トプラクがヘディングシュート。これをゴール前でブロックしてしまった香川だが、セカンドボールを冷静に右足で押し込み、先制点を挙げた。

今季初ゴールを決めた!#香川真司 がこぼれ球を押し込んでドルトムントが先制。

ブンデスリーガ第5節 #ハンブルガーSV×#ドルトムント は https://t.co/u4BaoHt81Q で配信中。#テレビでDAZN📺 pic.twitter.com/8fJXzRw1w1— DAZN ダ・ゾーン (@DAZN_JPN) 2017年9月20日

 香川は今シーズン、ケガの影響で出遅れ、DFBポカール1回戦とリーグ開幕2試合に途中出場。代表ウィーク直後の9日に行われた前節フライブルク戦は出番がなかったが、13日のチャンピオンズリーグ・グループステージ第1節トッテナム戦で初先発していた。リーグ戦は2試合連続で出番がなかったが、今節で初先発を果たし、初ゴールで期待に応えた。