Appleは、初めて単独でLTE通信が可能になったApple Watch Series 3を、9月22日に発売します。しかしこの通信機能に問題が発生していることが、明らかになりました。

セルラーネットワークではなく不明なWi-Fiに接続

米メディアThe Vergeのライターが製品レビューのために提供されたApple Watch Series 3を実際に試したところ、携帯電話の回線にはつながらず、不明なWi-Fiネットワークに接続しようとする現象が何度も繰り返されたとのことです。
 
この問題は着用を開始してから数日間継続したため、Appleが別のApple Watch Series 3へと交換してくれましたが、またも同じ問題が発生しました。

Appleも問題を認識、ソフトウェアで対処するとコメント

Appleはその後次のようなコメントを発表し、問題を認識していることを明らかにしました。
 

Apple Watch Series 3が、安全であることを証明されていないWi-Fiネットワークに接続しようとするために、セルラーネットワークに接続できないという問題が起きていることがわかりました。今後のソフトウェアリリースで解決すべく、調査中です。

 
これはおそらく、リリースされたばかりのwatchOS 4のアップデートで問題を修正するという意味だと思われます。ただし現時点では、そのリリースがいつになるのかはわかっていません。
 
Apple Watch Series 3は、GPS + Cellular版のほうがGPSのみのバージョンよりも人気が高いことが判明しているだけに、できるだけ迅速な対応が待たれます。
 
 
Source:The Verge
(lunatic)