9月24日(日)に開催される「AKB48グループ ユニットじゃんけん大会2017」。今回は、グループの垣根を超え様々なユニットが出場する。

今回、光文社より絶賛発売中の「AKB48グループ ユニットじゃんけん大会 公式ガイドブック2017」では、NMB48 Team B狂Φ羸乎羸酥音、AKB48 Team K向井地美音…「美音」という珍しい名前を持つ2人のユニットの「Wみおん」にインタビューをしている。

―予備戦の内容は?

向井地
勝ちました〜!私が抽選を引いて、美音ちゃんがじゃんけんしてくれて。

中川
チョキで勝ちました〜!人間は焦ったらパーを出すと聞いたので、そのとおりにやってみました。

―本戦の衣装はやはり『豆腐プロレス』のブラックベリー向井地路線で?

向井地
やめてくださいよ〜!美音ちゃんを悪の道には引きずり込みません!王道を歩いてほしいな。

―対戦相手に毒霧も吐かない?

向井地
それは私の役目…ってやりませんよ!

―しかし、同じ名前に生まれたことに運命を感じませんか?

向井地
美音ちゃんというコが入ってきたと知って、超驚きました。生まれてから初めて出会ったので。

中川
私もです。

向井地
一回握手会の裏ですれ違って、写真撮ったんだよね。それで、じゃんけん大会の趣旨を聞いて組みたいなと思って、みるるん(白間美瑠)さんに連絡先を聞いて、私からLINEしました。

―目標は?

向井地
優勝です!「美音」の名を歴史に刻みます!

中川
刻みます!

向井地
でも、最近、運が悪いんですけどね。電車に乗り遅れて、自腹で新幹線代払ったり…。

中川
私も鳥の糞が目の前に落ちてきたり…。

向井地
いやな予感しかしない(笑)。