「ケの美」展

写真拡大

 創業30周年を迎えるオルビスが、初の展覧会となる「ケの美」展をポーラミュージアムアネックスで開催する。会期は11月17日から12月24日まで。
 グラフィックデザイナーの佐藤卓がディレクションを担当した同展は、日本人の伝統的な世界観である「ハレ」と「ケ」の「ケ」に着目。あたりまえの日常を意味する「ケ」の中にある「美」をテーマに掲げ、隈研吾、小山薫堂、皆川明ら14人のデザイナーやクリエーターの作品を展示する。また、「朝食」「場所」「漢字」といった3つのテーマで「ケ」だと考える写真を特設サイトで一般募集。集まった写真は参加型展示「みんなのケ」として公開される。