値千金の決勝点を沈めた中村充孝。守備にも奔走し、攻守に効いていた。写真:徳原隆元

写真拡大

 天皇杯4回戦の8試合が20日、各地で行なわれた。浦和レッズと鹿島アントラーズ、Jリーグを代表する強豪同士の一戦は、鹿島が勝利を収めた。
 
【天皇杯4回戦PHOTO 浦和2-4鹿島】金崎、中村の活躍で鹿島が準々決勝へ!

 鹿島は小笠原満男、金崎夢生、浦和は阿部勇樹、槙野智章らがスタメンに名を連ねた。試合開始から浦和がボールを支配し、鹿島が耐えてカウンターをうかがう展開に。鹿島は7分、そのカウンターからチャンスを作り、最後はエースの金崎夢生がゴール。先制に成功する。
 
 早々に先制された浦和は、焦らずにボールを回しながら攻撃を試みる。13分には、遠藤航がミドルシュートを狙うも、枠を捉えられない。18分には、セットプレーからズラタンがヘディングシュートを放つも、枠を外れた。
 
 その後も攻勢を強める浦和に対して、鹿島は粘り強い対応でしのいでいく。27分には、カウンターからレアンドロがシュートを放ったが、ボールはサイドネットに。前半はこのまま1-0で終了した。
 
 後半も立ち上がりから試合が動く。6分、ペナルティエリア内でレアンドロが倒され、鹿島がPKを獲得。キッカーの金崎がゴール右隅に蹴りこんで2-0とする。
 
 鹿島は55分、2得点の金崎に代えて鈴木優磨を投入。浦和も同じタイミングで高木俊幸に代えて矢島慎也をピッチに送り出す。
 
 すると、交代から1分後にスコアに動きが。浦和がCKから攻め立てると、混戦からズラタンがボールを右足で押し込み、1点差とする。69分には、武藤雄樹が渾身の同点弾を叩き込み、浦和が振り出しに戻した。
 
 打ち合いの様相を呈した試合を決めたのは、鹿島の中村充孝。74分、土居聖真のダイレクトパスに右足で合わせて決勝点をマークした。リードした鹿島は90分、土居がダメ押しとなる4点目をゲット。底力を見せた昨季王者が、連覇に向けてまた一歩足を進めた。
 
取材・文:梶山大輔(サッカーダイジェスト編集部)