元日本代表監督アギーレ、スペインからのオファーを拒否

写真拡大

『Marca』は19日、「ハビエル・アギーレ監督は、アラベスから送られたオファーを受け入れなかった」と報じた。

先日わずか4試合でルイス・スベルディア監督を解任するという選択を下したアラベス。

その後新しい指揮官を探している状況にあるが、まず接触したのは元日本代表監督でもあるハビエル・アギーレだったという。

アギーレ氏は昨季までUAEのアル・ワフダを率いていたものの、夏に契約が満了となって退任しており、現在はフリーの状況となっている。

しかしアギーレ氏はアラベスからの1年契約のオファーを拒否したとのことである。

彼は現在フランスの首都パリに居住し、様々なプロジェクトに参加している状況であるという。