「ULTRA JAPAN」レポ 世界トップDJの興奮と躍動する新世代ラッパー

写真拡大 (全13枚)

9月16日(土)から18日(月)にかけて、東京・お台場で開催されたダンスミュージックの祭典「ULTRA JAPAN 2017」(ウルトラジャパン)。

【「ULTRA JAPAN」レポ 世界トップDJの興奮と躍動する新世代ラッパーの画像・動画をすべて見る】

3日間で総勢95組以上が出演し、のべ12万人にもおよぶ人々が熱狂しました。

中田ヤスタカさん


4年目を迎え、一時に比べればEDMのムーブメントも落ちつきを見せていた印象もありますが、台風の影響で大雨だった2日目も含めて、会場は常に盛況。フィナーレも近くなるとメインステージに入場規制がかかることもあるほどでした。

今回は、そんなイベントの様子をフォトレポートでお伝えしていきます!

メインステージを沸かすトップDJたち


Nicky Romeroさん


イベント最大のキャパシティをほこる「MAIN STAGE」には、Nicky RomeroさんやAlessoさん、Hardwellさん、Steve Aokiさん、KAYGOさんら世界にその名を轟かせるトップDJらが次々と登場。

Steve Aokiさん


いわゆるEDMだけに限らず、トラップをはじめとするヒップホップやハウス、さらにはハードスタイルまでを緩急織り交ぜながらミックス。

巨大なステージと、それを取り囲むスクリーンで展開されるVJ、沸き立つ炎やフィナーレに発射される花火の演出は野外ならではの迫力です。

Banvoxさん


また、日本からは中田ヤスタカさんや、banvoxさん、CYBERJAPAN DANCERSをプロデュースするMITOMI TOKOTOさんらがフロアを沸かせました。

ラッパーたちも活躍 「LIVE STAGE」新設


Underworld


さらに、本家本元・マイアミで開催されている「Ultra Music Festival」でも高い人気を誇るステージの「LIVE STAGE」が、日本に初上陸。

Porter Robinsonさん


PendulumUnderworldPorter Robinsonさんらが登場し、リアルタイムで楽曲を再構築しながらのライブを披露しました。

KOHHさん



「LIVE STAGE」には、これまでの「ウルトラジャパン」には見られなかったヒップホップシーンを沸かせるアーティストたちが初登場していたことも象徴的です。

SALUさん



ゆるふわギャング


アメリカでは、最も売れた音楽ジャンルがロックからヒップホップに移り変わり、ジャンルの再興に向けて大きな転換期を迎えているなか、2017年の「Ultra Music Festival」でもCypress HillやIce Cubeさんらが初出演し、耳目を集めていました。

そして、「ULTRA JAPAN」でもKOHHさん、SALUさん、ゆるふわギャングちゃんみなさんなど新たなシーンを支えるラッパーたちが、メインステージにも匹敵する勢いでフロアを沸かせます。

水曜日のカンパネラ



そんななかでも、前衛的なサウンドで世界中から高い評価を受ける水曜日のカンパネラのライブは圧巻でした。

縦横無尽にフロア中を闊歩するボーカル・コムアイさんの後ろを何人ものスタッフがついていきながら、カラーフィルターを通した懐中電灯で彼女を七色に照らします。


ジャズ・ブレイクスやフューチャーベースなどを取り入れた最新鋭のデジタルサウンドと、コンテンポラリーダンスや巨大な布でつくった風船で観客を巻き込むアナログ的な舞台演出が神々しさを感じさせたほどです。


ダンス/ヒップホップというジャンルの壁を超えて、新たなシーンの到来を感じさせた「ULTRA JAPAN 2017」。日々トレンドが移り変わっていくなか、柔軟に変化しながらフロアをアゲ続けるDJやライブに来年も期待してしまいます!

出演アーティストのライブ写真をもっと見る!
(C)ULTRA JAPAN 2017