飼い主の行動を邪魔してくる犬の気持ち

私たち飼い主が別の行動をしていると、トコトコと寄ってきて邪魔をするようなそぶりを見せることはありませんか?「なんで邪魔ばかりするのだろう」と不思議に思うかもしれませんが、実は犬からの愛情表現の1つなのです!

々修辰突澆靴

まず最大の理由として、甘えたいという気持ちが邪魔をするという行動になって現れています。「構って欲しい」と犬は飼い主さんに伝えたいのですね。

例えば、新聞を地面に広げて読んでいると、その上に寝転がって読めないように邪魔してくる、という話はよく耳にします。これも「新聞を読んでないで、僕を構ってよ〜」というサインです。

このような時には、大げさに可愛がるのではなく、少し声をかけてあげながら優しく撫でてあげるのがベストです。飼い主さんに触れられるだけでも、犬にとっては嬉しいことなのです。

⇒靴鵑罵澆靴

続いて「構って欲しい」という心理状態と似ていますが、遊んで欲しいというアピールの時にも邪魔してくることがあります。

筆者の経験談として、ソファーでテレビを観ていたら、急に愛犬が目の前にやって来て、引っ張り合いして遊ぶ縄のおもちゃを足下にポンと置かれたことがあります。その後ヒョイッと立ち上がり、膝に前足をかけてこちらをじっと見てくるのです。

この状況はおもちゃを持ってきていることから、「遊んで欲しい」というアピールがわかりやすくされているため、「遊んで欲しいんだな」と即座に理解できました。

しかし、他にも飼い主さんの足下に乗り、テレビを観ている飼い主さんの邪魔をしながらジッと見つめてくるという行為だけでも、「僕と遊ばない?」と遊びに誘う意味を持っています。

N人は「敵」と見なしている可能性

恋人を家に呼んだ際、自分と恋人の間に愛犬が入ってくることで、2人の仲を邪魔されている気がする…と感じていることはありませんか?

もしも恋人が犬にとって初めて会う人であれば、「こいつは誰だ」という警戒心から「もしも悪い相手なら飼い主さんを守らなければ!」という心理状態になっている可能性が考えられます。

そのため、いつもは言うことをきちんと聞く愛犬であっても、「あっちへ行ってて」と言ったところで出て行かなかったり、あるいはまた戻ってきてしまうのです。

何度か家に恋人を連れてくることで、愛犬もお相手のことをしっかりと覚えるので、懐いてくれたり、安心することで警戒心を解かせることができるでしょう。

ぁ屬海海砲い襪茵廚肇▲圈璽襪靴討い

わかりやすいアピールではなく、鼻の先をチョンチョンとくっつけてくるなど、邪魔にはならないけれど、気になる程度に何か行動を起こしてきている場合には、「ここにいるよ」と控えめなアピールをしています。

自分が今、飼い主さんのすぐ傍にいるということを知らせることで、飼い主さんの注意を自分に向けたいと思っているのです。「あわよくば構って欲しいな…」という思いを持っているのかもしれません。

この行為は、しっかりしつけがされており、飼い主さんとの上下関係を築けている家庭のわんちゃんに多いです。「邪魔はできない。けれど構って欲しい…」と、そんな健気な思いが見え隠れしているのです。

ゥ筌モチを妬いている

ヤキモチを妬いている際にも邪魔をしてくることがあります。ヤキモチを妬く対象は犬によって様々ですが、散歩をしている時に偶然会った犬を可愛がっていたら、間からヌッと顔を出してきた…という場合には、相手の犬にヤキモチを妬いているのでしょう。

また、先ほど「恋人」というワードが出てきましたが、やはり恋人がやってくると、飼い主さんの愛情がそちらに行ってしまうと考え、ヤキモチを妬き、先ほどのように邪魔をする子もいます。

中には新たな家族として生まれてきた赤ちゃんにヤキモチを妬いてしまうという子もいますので、個体差があり難しい問題ではあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。このように犬が飼い主さんを邪魔してくる際は、何かしら理由があり、気持ちを伝えようとしているサインです。その多くが飼い主さんの愛情を求めていますので、普段から適度に構ってあげることを心がけましょう。