トップ2シードのムグルッサとプリスコバが準々決勝へ [東レPPO]

写真拡大

「東レ パン・パシフィック・オープン」(WTAプレミア/東京・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/本戦9月18〜24日/賞金総額100万ドル/ハードコート)の本戦3日目は、シングルス2回戦4試合およびダブルス1回戦残り2試合と準々決勝2試合が行われた。

 シングルスは、第1シードのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)、第2シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)、第7シードのアンジェリック・ケルバー(ドイツ)、アナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)が準々決勝に駒を進めた。

 ダブルスでは、第2シードのガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ)/シュー・イーファン(中国)と第4シードのアンドレア・クレパーチ(スロベニア)/マリア ホセ・マルチネス サンチェス(スペイン)が準決勝に進出。穂積絵莉(橋本総業ホールディングス)/加藤未唯(佐川印刷)はクレパーチ/マルチネス サンチェスに3-6 5-7で敗れた。

 そのほかの日本勢は、奈良くるみ(安藤証券)/尾粼里紗(江崎グリコ)が第1シードのチャン・ハオチン/チャン・ユンジャン(ともに台湾)を7-6(8) 1-6 [11-13]で破る金星を挙げ、二宮真琴(橋本総業ホールディングス)/レナタ・ボラコバ(チェコ)は大坂まり(日本)/大坂なおみ(日清食品)を7-5 6-4で破り、それぞれ初戦を勝ち上がっている。

 9月21日(木)は12時00分から、シングルス2回戦残り4試合およびダブルス準々決勝残り2試合と準決勝1試合が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者

◇   ◇   ◇

【シングルス2回戦】

○1ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)[1] 6-4 6-0 ●4モニカ・プイグ(プエルトリコ)

○19アナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)6-4 4-6 6-2 ●18ワン・チャン(中国)

○25アンジェリック・ケルバー(ドイツ)[7] 7-6(5) 6-3 ●28ダリア・カサキナ(ロシア)

○32カロリーナ・プリスコバ(チェコ)[2] 6-2 6-1 ●29マグダ・リネッテ(ポーランド)[Q]

--------------------

【ダブルス準々決勝】

○12アンドレア・クレパーチ/マリア ホセ・マルチネス サンチェス(スロベニア/スペイン)[4] 6-3 7-5 ●10穂積絵莉/加藤未唯(橋本総業ホールディングス/佐川印刷)

○16ガブリエラ・ダブロウスキー/シュー・イーファン(カナダ/中国)[2] 6-0 3-6 [10-7] ●13ラルカ・オラル/オルガ・サブチュク(ルーマニア/ウクライナ)

------------

【ダブルス1回戦】

○2奈良くるみ/尾粼里紗(安藤証券/江崎グリコ)7-6(8) 1-6 [13-11] ●1チャン・ハオチン/チャン・ユンジャン(台湾)[1]

○8二宮真琴/レナタ・ボラコバ(橋本総業ホールディングス/チェコ)7-5 6-4 ●7大坂まり/大坂なおみ(日本/日清食品)[WC]

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「東レ パン・パシフィック・オープン」(東京・有明テニスの森)のシングルスで準々決勝に進出した第2シードのカロリーナ・プリスコバ
Photo:TOKYO, JAPAN - SEPTEMBER 20: Karolina Pliskova of the Czech Republic plays a forehand in her match against Magda Linette of Poland during day three of the Toray Pan Pacific Open Tennis At Ariake Coliseum on September 20, 2017 in Tokyo, Japan. (Photo by Koji Watanabe/Getty Images)

東レ パン・パシフィック・オープン|公式

WTA(女子テニス協会)大会ページ|公式