高尾線開通50周年記念乗車券

高尾線の前身は京王御陵線(1931〜1945)です。北野駅から山田駅までの区間は現在の高尾線に引き継がれています。記念乗車券台紙の表面には、当時の「御陵線沿線名所図絵」があしらわれ、台紙の中面は高尾線の建設時や開業時の写真が掲載されています。高尾線の歴史に触れることができる記念乗車券になっています。

記念乗車券台紙表面イメージ

記念乗車券台紙中面イメージ

乗車券としては2種類がセットされます。
。揃森天乗車券(縦25mm×横57.5mm)×6枚
(北野・京王片倉・山田・めじろ台・狭間・高尾からの大人140円区間)
■跳森天往復乗車券(縦30mm×横88mm)×1枚
(北野〜高尾山口 小人 往復乗車券)

※実際の乗車券として使えます。
※乗車券の有効期限は2017年12月31日(日)までです。
※往復乗車券の有効期限は2017年12月31日(日)までの間で、利用開始日から2日間限定です。

通常発売の前に先行発売があります。
\莵堡売
日時:2017年10月1日(日) 7:00〜17:00(なくなり次第終了 ※3、000セット)
場所:高尾山口駅前の特設売場
通常発売
日時:2017年10月2日(月)〜12月31日(日)始発から終電まで(なくなり次第終了)
場所:北野駅・京王片倉駅・山田駅・めじろ台駅・狭間駅・高尾駅・高尾山口駅
※京王片倉駅・山田駅・狭間駅は8:00〜20:00までの発売です。

発売数は、5、000セット(先行発売は3、000セット)
※なくなり次第終了です。
※先行発売時は1人3セットまでとし、通常発売時も状況により、販売数が限定される可能性があります。

発売価格は1、000円(税込)です。

「1日乗車券でまわろう!京王電車スタンプラリー2017〜第2弾 高尾線開通50周年記念編〜」

高尾線全7駅で配布されるスタンプ帳(無料)を入手し、配布駅に設置のスタンプをすべて集め、京王八王子ショッピングセンター5階の鉄道模型・グッズショップ「ポポンデッタ」に持参すると、先着でレプリカ硬券セットなどの記念品がプレゼントされます。

さらに、この後行われる第3弾までのスタンプラリーをすべてコンプリート(スタンプをすべて集め応募券を入手)すれば、抽選で素敵な賞品が当たります。

※記念品引き換え時間 10:00〜21:00
※京王八王子SC休館日は記念品の引き換えはできません。
※第1弾は7月29日〜9月18日に実施済み。
※第3弾は2018年度1月頃〜3月頃に実施予定。
※抽選で当たる賞品は第3弾のスタンプラリー開催時に発表されます。

開催期間は、2017年9月30日(土)〜11月26日(日)。スタンプは高尾線の全7駅に設置されます。(北野駅、京王片倉駅、山田駅、めじろ台駅、狭間駅、高尾駅、高尾山口駅)
※スタンプ台は改札外に設置されます。設置時間 7:00〜19:00

記念品は、下記セットになります。

高尾599ミュージアムで「高尾線開通50周年記念〜開業当時を振り返る〜」パネル展示

開催期間は2017年9月23日(土)から10月9日(月)。展示の内容は以下になります。
“王子市郷土資料館発行「案内図にみる多摩陵・高尾と八王子」
・御陵線(高尾線の前身)の様子を伝える資料(昭和初期の電車案内表等)
京王電鉄社内報 「京帝たより」
・高尾線開業当時の掲載記事
E社保管の写真
・高尾線開業当時

高尾599ミュージアムについてはこちら(http://www.takao599museum.jp)をご覧下さい。

問い合わせ:京王お客さまセンター TEL.042-357-6161(9:00〜19:00)

世界一の登山者数を誇る高尾山と高尾線の役割は重要です。一方で、京王御陵線の歴史はとても興味深いですね。