浦和と計6ゴールの乱打戦 鹿島が難敵退け4-2勝利、天皇杯8強へ進出

写真拡大

金崎のゴールで鹿島が先制、後半早々にも金崎がPKを決めて2-0とするも…

 第97回天皇杯全日本サッカー選手権、16強の注目カードとなった20日の浦和レッズ対鹿島アントラーズ戦は、点の取り合いになった末に鹿島が4-2で勝利を収めた。

 リーグ戦を戦うなかのミッドウィークに組まれたゲームに浦和はGKに榎本哲也、インサイドハーフにMF長澤和輝、FWにズラタンを起用。一方の鹿島はGKに曽ヶ端準、ボランチにMF小笠原満男を起用したほかは、ほぼリーグ戦と同じメンバーが並んだ。

 最初にビッグチャンスをつかんだのは浦和だった。前半6分、CKをクリアしてカウンターに出ようとした鹿島から中盤でボールを奪い返してのカウンター返しでFWズラタンが抜け出すと、あとはMF駒井善成にボールを通せば1点というビッグチャンスを迎えた。しかし、ズラタンのラストパスが流れて駒井は届かず。決定機を逃した。

 すると直後の同7分、今度は鹿島がFW土居聖真のスルーパスに抜け出したMF中村充孝がGKと1対1になり、丁寧なラストパスを通してFW金崎夢生がゴール。似たような形の決定機を生かした鹿島が1点リードに成功した。その後、浦和は圧倒的にボールを保持しながら鹿島の最終ラインを崩せずに、鹿島の1-0リードで前半を終えた。

 後半に入っても浦和がボールを持つ立ち上がりになったが、同4分に鹿島は右サイドからの攻撃で中央を経由してペナルティーエリア内の左サイドにMFレアンドロが抜け出すと、飛び出してきた榎本が倒してしまいPK判定。これを金崎が決めて、同6分に鹿島が2点リードとした。

浦和が一気に反撃、一時2-2に

 反撃に出る浦和は同14分、左CKからDF槙野智章、DF森脇良太とボールがつながり、最後はゴール前中央でズラタンがプッシュ。このゴールで1点を返すと勢いに乗った浦和は同24分、右サイドからドリブルで攻撃参加したDF遠藤航がクロスを上げると、ファーサイドに流れたボールをフリーで受けたMF武藤雄樹がワントラップから右足を一閃。これが曽ヶ端の足の間を抜けてゴールに吸い込まれ、浦和が一気に2-2の同点に追いついた。

 それでも鹿島は同29分、右サイドのスローインから中央へボールを運ぶと、ゴール正面から中村が右足でミドルシュートを放ち、これが榎本の手を弾いてゴールポストにも当たって内側に転がり込んで3点目。勝ち越しの1点を挙げると、同45分には人数を掛けて攻撃した浦和に対するカウンターで右サイドから攻撃を仕掛け、最後は土居がヘディングシュートを決めて4-2とリードを広げて勝利した。

 準々決勝進出を決めた鹿島は首位に立つリーグ戦との二冠へ向けての歩みを進めた一方で、リーグ戦で中位に沈む浦和にとっては、この天皇杯の敗退により今季4強進出しているAFCチャンピオンズリーグ(ACL)への来季出場がかなり厳しくなった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images