ムグルッサ、プリスコバのトップ2シードが圧勝でベスト8入り [東レPPO]

写真拡大 (全2枚)

「東レ パン・パシフィック・オープン」(WTAプレミア/東京・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/本戦9月18〜24日/賞金総額100万ドル/ハードコート)のシングルス2回戦が行われ、第2シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)、第1シードのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)が強さを見せつけ、準々決勝に進出した。

「全米オープンで対戦したばかりだから、相手がどんなプレーをするのかわかっていた」というプリスコバが、わずか1時間で予選勝者のマグダ・リネッテ(ポーランド)を6-2 6-1で退けた。

 強烈なサービス、ストロークで圧倒し、まったくつけ入る隙を与えなかった。「特にサービスの調子がよかった。相手はベストのプレーではなかったと思うけど、自分はすごくいい感触だった」と試合を振り返った。

写真は2回戦で予選勝者のリネッテを圧倒したプリスコバ

 世界ナンバーワンのムグルッサも、モニカ・プイグ(プエルトリコ)に6-4 6-0のストレート勝ちを収めた。第1セットはムグルッサが先行しては、プイグが追いつくという展開で始まった。だが、ムグルッサが2-2からワンブレークアップしたのが決め手となり、最後まで続いた激しい打ち合いを6-4で制した。

 第2セットも強烈なラリーの応酬だったが、少しずつプイグが粘れなくなり、第1ゲームをプイグが40-0からキープするのに失敗。さらに第3ゲームもブレークされて気落ちしたのか、勢いを増したムグルッサが6-0で圧勝した。

「第2セットも、一つひとつのラリーはしんどかった。ランキング1位になってからの初勝利なのでうれしい」と笑顔を見せたムグルッサ。全米オープンの成績によってプリスコバから1位の座を奪い、女王として臨む初めての大会となる。

 プリスコバは次戦で、ダリア・カサキナ(ロシア)を下した第7シードのアンジェリック・ケルバー(ドイツ)、ムグルッサは明日21日(木)に行われる奈良くるみ(安藤証券)対カロリーヌ・ガルシア(フランス)の勝者と準々決勝を戦う。

テニスマガジン/編集部◎池田晋)

東レ パン・パシフィック・オープン|公式

WTA(女子テニス協会)大会ページ|公式

※トップ写真は「東レPPO」2回戦でプイグにストレート勝ちを収めた第1シードのムグルッサ
Photo:TOKYO, JAPAN - SEPTEMBER 20: Garbine Muguruza of Spain celebrates winning her match against Monica Puig of Puerto Rico during day three of the Toray Pan Pacific Open Tennis At Ariake Coliseum on September 20, 2017 in Tokyo, Japan. (Photo by Matt Roberts/Getty Images)