Rettyグルメニュース

写真拡大 (全24枚)

おしゃれタウン恵比寿に、料理が美味しいのはもちろんのこと、おしゃれでのんびりとくつろげる空間が評判のアメリカ料理店「dot. Eatery and Bar(ドット イータリー アンド バー)」があります。一体どんなおしゃれ空間が広がっているのか、期待を胸膨らませ訪ねてみました。

dot. Eatery and Barを目指して恵比寿駅東口をスタート!

JR山手線、埼京線、湘南新宿ラインのJR恵比寿駅東口からスタートです。東口改札は3階に位置します。改札を出たらそのまままっすぐ進むと、左側にエスカレーターがあります。そのエスカレーターを降りて2階へ。

エスカレータを降りたら、今度は右手に階段があるので、さらに下に降りましょう。

ここが地上階になります。階段を降りたら、そのまままっすぐ進みます。

最初にある信号を渡り、ルノアール(喫茶店)とびっくり寿司の間の路地をさらにまっすぐ進みます。賑やかな駅前からこの道に入ると、とても静か。

SUBARUの本社ビルなどが建つ、この道。あたりを見回しながらまっすぐ3〜4分程まっすぐ歩くと、ひとつ目の信号「恵比寿橋南」が見えてきます。セブンイレブンが目印のこの信号を左へ。

恵比寿駅からおよそ7分にもかかわらず、静かで落ち着いた雰囲気のこのエリア。信号を曲がると、すぐに素敵なテラスのお店が見えました!ここが今回の目的地「dot. Eatery and Bar」です。恵比寿にもいくつかテラスのあるお店がありますが、これだけ席数のあるテラス席のあるお店は珍しい気がします。

コンセプトは「料理上手の女性の家」おしゃれなくつろぎ空間が広がる

おしゃれな外観に既に期待が高まり、ワクワクしながら店内へ。

店内に足を踏み入れると、まず目に飛び込んでくるのが大きなカウンターキッチン。こちらの「dot. Eatery and Bar」は恵比寿駅の反対側西口にあるグリル料理のお店「dot. Grill and Bar」の姉妹店で、コンセプトは「アメリカの料理好きな女性の家」。本格アメリカ料理とお酒を楽しめる店です。なるほど、それで使い勝手の良さそうなおしゃれなキッチンカウンターがお店の中央にあるのですね。

ガラス張りなので、自然光が差し込む明るい店内。天井が高く開放的な雰囲気です。友達の家に来た気分で、のんびりくつろげそう!

カウンター席にはコンセントが備えられており、フリーWiFiも完備。長居したくなる気遣いが施されています。

カウンターに「SMILE.THERE’S FOOD」と書かれた看板を発見。

この看板の意味を、プロモーション担当の滝島ゆずみさんに伺いました。

この看板は「おいしい食べ物があるところには笑顔がある」という意味だそう。確かに!おいしいものを食べると誰もが幸せな気分になり、笑顔がこぼれてしまうもの。早速、dot. Eatery and Barの食べたら笑顔がこぼれる美味しい料理をいくつか紹介していきましょう。

とろとろ感にハマる人続出!ほんのりスパーシーな「チキンガンボ」

チキンガンボ(1,100円)

ガンボとは、「オクラ」のこと。日本ではあまり聞きなれないメニューですが、アメリカ南部のソウルフードで、スープやシチューのような位置づけなのだそう。dot. Eatery and Barのチキンガンボは、大きなチキンが2つにエビ、オクラ、フレッシュトマトがたっぷりと入っています。エビと鶏の骨をコトコト煮込んだブロード(だし汁)で「うま味」文化の日本人の口に合うようにアレンジをし、ご飯を添えてワンプレートに。

特徴的なのはそのとろみ。このとろみの正体はオクラのネバネバ成分によるもの。小麦粉でとろみをつけるシチューとはまた違ったとろとろ加減なのです。写真からもその様子が伝わるでしょうか?トマトのさっぱり感とケイジャンスパイスのピリッとした辛味が後から効いていいアクセント。エビと鶏肉のそれぞれのうま味が感じられるにもかかわらず、ひとつにまとまっています。オクラ効果でとろ〜っと口の中に美味しさがまとわりつくような感じ。今までに経験がない不思議な美味しさなのです。これは言葉で表すのが難しい。自分の舌で味わってもらいたい一皿です。

そのまま味わったら、途中で添えられたレモンを絞って。レモンをかけると、スパイス香りとレモンの酸味で、一層食欲が増す美味しさです。

人気のアペタイザーを集結!「SNACKS BOARD」で昼飲みはいかが?

SNACKS BOARD(1,800円)

単品でも人気のアペタイザー(前菜)をこのプレートに盛り合わせたお得なメニュー。サラミ、生ハム、ビーフジャーキー、レバーパテ、ピクルス、ラタトゥイユにバケットとグリーンサラダが添えられています。

自家製のピクルスは定番のきゅうりや玉ねぎの他、カリフラワーやビーツなど数種類。酸味は控えめで食べやすい。ラタトゥイユは野菜の甘みがぎゅーっと詰まっていて美味。

レバーパテはバケットに塗っていただきます。クリーミーでまるでフォアグラを食べているような濃厚さ。これは間違いなく赤ワインが飲みたくなります。このボリュームなら3〜4人でシェアできるので、お得なおつまみになりそうですよ。普段がんばってる自分へのご褒美に、休みの日に昼間から一杯もいいですよね〜。

ソースが決め手!爽やか「ラムチョップグリル」はインスタジェニック

ラムチョップグリル(2,600円)

大きめの骨つきラム肉がどどーんと2本、そこに色とりどりの季節のグリル野菜と、特製のミントソースがかかっています。形もおしゃれなブルーのお皿が料理を引き立てていて、まさにこれはインスタジェニック!ではないですか!!

携帯でも写真を撮ってみました!インスタ映えを狙って、見切れる位寄ってみましたよ。いかがでしょうか?

肝心な料理のリポートに戻りますが、ラムチョップは切ってみると厚さは2cm以上!綺麗なピンクの断面をしています。口に入れた瞬間、今まで知っているラムとは明らかに違う!匂いが全くと言っていいほど気にならないのです。そして、脂身もしつこくない。肉の食感が良く、噛めば噛むほど美味しい。例えて言うなら、豚の肩ロース肉のグリルに近い感じです。その秘密はお店特製の「ミントソース」にありました。ヨーグルト、クリームチーズ、メイプルシロップ、ミントの入った爽やかで甘みのあるソースが、ラムの匂いと脂っぽさを緩和しているのだそう。ラムは匂いが気になるから苦手という人もいますが、このラムチョップならきっと食べられます。一度チャレンジしてみては?

お酒の品揃えも豊富!26時まで営業で「もう一軒」を叶えてくれる

「dot. Eatery and Bar」は外観からはおしゃれなカフェを想像しがちですが、店名が「bar」というだけあってお酒の品揃えがすごい!ウイスキーの種類も豊富です。

 自分の好みを伝えると、オリジナルでカクテルを作ってくれます。

もちろんワインもズラリ。その他、日本酒も置いてあります。

dot. Eatery and Barは平日のランチタイム(11:30〜15:00)にははパスタやデリランチ、サンドイッチにドリンクがついたお得なセットがあり、この界隈のビジネスマンの利用が多いそう。平日夜と土日の終日はメニューはアラカルトのみになります。なんと26時まで営業しているので、2軒目、3軒目のお店としても便利。

おしゃれな外観から、女性の利用客が多いのかと思いましたが、平日の男女比は半々。20代後半から40代の利用が多いそう。男性がデートでこんなお店を予約してくれたら、間違いなく株が上がりそう!休日はインスタを見て訪れる流行に敏感な若い女性や、子連れのお客さん、またテラスはペットもOKなので散歩がてらふらりと立ち寄るお客さんも。気候のいい時期にはテラスから埋まることもあるのだそう。珍しく平日のランチでも予約ができるそうなので、ぜひ予約して人気のテラス席で過ごしてみては?

dot.Eatery and Bar ドットイータリーアンドバー

住所 東京都渋谷区恵比寿1-18-14 恵比寿ファーストスクエア

アクセス JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン、東京メトロ日比谷線 恵比寿駅から徒歩7分

電話 050-5304-2753 (予約専用番号)

営業時間 平日 11:30〜26:00 (ランチタイム 11:30〜15:00、カフェタイム 15:00〜18:00、ディナータイム 18:00〜26:00)土日祝日 11:00〜26:00                     

定休日 不定休

https://retty.me/area/PRE13/ARE7/SUB701/100001205230/