PKキッカー争いは過去にも

写真拡大

PKのキッカーの権利を巡りチーム内で対立することは、ネイマールにとって何も今始まった事ではない。サントス時代にもネイマールは同じような場面を繰り広げていた。しかしその時にネイマールが対立したのはサントスの監督ドリバル・ギドニ・ジュニオールであり、クラブに与えた影響はさらに大きかった。

2010年にネイマールはサントスで既にスター選手だった。
アトレチコ・ゴイアニエンセ戦でPKのチャンスが巡ってきたが、当時の監督ドリバル・ギドニ・ジュニオールはネイマールがキッカーを務めることを許さなかった。するとネイマールは試合中にも関わらず監督に詰め寄って理由を求めた。

ネイマールは監督を試合中や控室で罵り、この2人の不仲はブラジルで大きな話題となった。
「私は一度も自分が監督を務めたチームで選手たちの反発に合わなかったが、ネイマールとだけは何度も問題が起きた。私は彼を助けるためにできるだけのことをしているにも関わらずだ。しかし、解決したいと思う」と語った監督だが、その直後にサントスから解雇されてしまった。