ロシアのウラジーミル・プーチン大統領(写真:AP/アフロ)

写真拡大

 挑発行為を続ける北朝鮮と経済制裁を強化する国際社会の駆け引きは、どう収束するのか――。

 9月18日付記事『北朝鮮と米国、お互いに軍事攻撃できない可能性』では、北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長で在日コリアンの高英起氏の話をお伝えした。

 高氏によると、北朝鮮問題のカギとなる中国は北朝鮮との裏ビジネスも活発で、「潰せない」事情があるという。では、北朝鮮の外交姿勢や軍事力についてはどうか。

●幻に終わった「金正恩・プーチン会談」計画

――北朝鮮がもっとも重要視している人物は誰ですか。

高英起氏(以下、高) 北朝鮮は、「もっとも敵対している国のトップを落とせば、ほかの周辺諸国はどうにでもなる」と考えています。そのため、最重要視しているのはアメリカのドナルド・トランプ大統領です。北朝鮮はアメリカと交渉して核保有国として認めさせたいと願っています。

 友好国の順番でいえば、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領、中国の習近平国家主席、シリアのバッシャール・アル=アサド大統領、キューバのラウル・モデスト・カストロ議長。首脳同士で祝電をやりとりしているのは、この4カ国です。

 特に、金正恩朝鮮労働党委員長のプーチン大統領に対する信頼は厚く、イメージ的には「頼れるおじさん」といったところでしょうか。9月9日の北朝鮮の建国記念日には、プーチン大統領が金正恩に祝電を送っています。

 実は、5月にロシアが軍事パレードを行う際に金正恩を招待してプーチン大統領と会談を行うという計画がありました。これには金正恩も乗り気だったのですが、ロシアと北朝鮮の接近を危惧した中国が「待った」をかけ、この首脳会談は幻に終わりました。

 金正日が旧ソビエト連邦で生誕しているという事情もあり、北朝鮮のロシアやヨーロッパ文化に対する憧れは大変強いです。金正恩もスイスに留学しています。

 一方で、これは民族感情の問題ですが、朝鮮人は漢族中心の中国人を好んではいません。中国朝鮮族(中国在住の朝鮮民族)が、同じ中国人であっても「漢族と一緒にされたくない」という思いがあるように、朝鮮人と中国人の間には民族感情の深い溝があるのです。

――北朝鮮の外交姿勢は李朝末期と非常に共通していますね。役者が少し変わっているだけで。

高 そう。北朝鮮は常に大国を翻弄して、遊泳しています。時代とプレイヤーが変わっているだけです。李朝末期には清国と日本の間を、日清戦争で日本が勝つと日本とロシアの間を遊泳し、日露戦争で日本が勝つと日本に併合されました。日本の第2次世界大戦の原点ともいえる戦争は日清戦争ですが、もし日本が朝鮮の権益を争わなければ、第2次世界大戦は起きていなかった可能性もあります。

 日韓併合については、それによって社会インフラが整備された面もあり、一概に否定することはできませんが、最後に日本は朝鮮の権益をすべて失い、36年の統治を全否定されました。そして、北朝鮮建国後は旧ソ連と中国の間をうまく遊泳し、中国と韓国の国交樹立や旧ソ連崩壊後は保護国がなく苦労しましたが、ロシアと中国の台頭によって再び遊泳術を活用しています。そして、今はアメリカとの交渉を望んでいるわけです。

――周辺国の顔色を見ながらうまく立ち回るのは、歴史に育まれた外交テクニックのひとつというわけですね。

高 NHKの番組で、旧ソ連の元外交官が北朝鮮外交について、こう振り返っていました。

「我々は、北朝鮮に多額の援助をすれば、ほかの東欧諸国と同様に衛星国家になるだろうと容易に考えていました。しかし、援助をしてもまったくメリットがなかった。それどころか、援助を受け取った後、『自分たちで自由に国が運営できる』とわかったら、我々を追い出したのです。決して、あの国にかかわろうと思ってはいけない。それが我々の助言です」

 北朝鮮外交の本質を突いた助言です。親切心で甘く対応しようとすれば、えらい目に遭うということです。

●金正恩の“母親コンプレックス”とは

――北朝鮮は核やミサイルの開発技術が格段に進歩しているとされています。実際、どれほどの軍事力があるのでしょうか。

高 たいしたことはありません。北朝鮮の軍部の力は、かつてないほど大幅に低下しています。ただ、一般の軍事力では韓国に負けますが、核兵器とミサイルは形勢を逆転する力を持っています。

 そもそも、「先軍政治」という言葉が日本では誤解されています。これは「軍隊式で国を運用しよう」という意味で、必ずしも「軍を優先しよう」ということではありません。

 核やミサイルの開発は朝鮮労働党の機関が実施していますが、今は朝鮮労働党の力も低下しており、「党の人間は結婚できない」ともいわれています。そのため、党の中には現役時代に人脈を構築して商売に走る人も多いです。

――金正日には、腹違いの弟である金平一(現・駐チェコ北朝鮮大使)がいますが、暗殺にまでは至りませんでした。しかし、金正恩は叔父の張成沢を処刑し、腹違いの兄である金正男を暗殺しました。

高 これは、文学や歴史の世界で考えれば、よく理解できます。日本や韓国を含め、世界中で権力争いのために兄弟や親子が殺し合うという話は数多くあります。「権力」という甘美な果実をほしいがために、血族で争う。そんな話が現実に起きているのだととらえれば、理解できるのではないでしょうか。

 金正恩は母親の高英姫が在日コリアンだったため、北朝鮮からすればいい血統ではないのです。金正恩自身も、そういったコンプレックスを常に感じているはずです。そのため、権力の頂点に立った今、味わった果実を手放すことはないでしょう。金正恩の側近たちも、その果実を味わっており、今や金正恩と側近たちは共犯関係であり運命共同体です。そのため、なんとしても金正恩体制を維持しようと躍起になっています。

●お金がないと脱北すらできない北朝鮮の国民

――北朝鮮といえば、国民の生活が困窮していて餓死者も多いといったイメージがありました。しかし、今の平壌はそれなりに発展しており、経済成長もしているようです。実際は、どうなのでしょうか。

高 平壌市民はそれなりにいい生活を送っており、地方の生活も安定しているようです。「コメと牛のスープを食べて、絹の服を着る」というのが金日成の約束した北朝鮮の生活ですが、それが叶えられており、物価もそれなりに安定しています。

 北朝鮮では「インセンティブ政策」と呼ばれていますが、「ノルマを達成したら、あとは自由にしていい」という資本主義的な政策を導入した結果、経済はそれなりにうまく回っています。

 昔は食うに困って脱北する人が多かったのですが、今はお金がないと脱北することができません。仲介人にお金を払う必要があるからです。韓国に亡命する脱北者は少なくなっていますが、その分ほかの国に行っているのかどうかはわからないですね。

――最後に、あらためて聞かせてください。日本をはじめとする国際社会は、北朝鮮とどう向き合うべきでしょうか。

高 日本、アメリカ、中国、ロシア、韓国、それぞれがもっと危機意識を持って北朝鮮と対峙すべきです。繰り返し申し上げますが、北朝鮮を変える唯一の方法は金正恩体制をチェンジして民主化に誘導すること。そのためには、関係各国が強く連携することが必要です。経済制裁や圧力も必要ですが、それぞれの思惑を超えて連携し、協力することが大切です。

 しかしながら、金正恩体制から民主化に至る道程は容易ではありません。日本の大手新聞記者の中には体制転換を強調する方もいますが、今、関係各国が行っているのは問題の先送りです。関係各国の首脳は「北朝鮮に民主化を」と言う勇気が必要です。

――ありがとうございました。
(構成=長井雄一朗/ライター)