20日、韓国メディアは、韓国の大宇建設がインド最長の海上橋の建設受注争いに勝利し、日本企業の独占状態になることを阻止したと伝えた。資料写真。

写真拡大

2017年9月20日、韓国・ニューシスは、韓国の大宇建設がインド最長の海上橋の建設受注争いに勝利し、日本企業の独占状態になることを阻止したと伝えた。

インドの現地メディアと建設業界によると、大宇建設とインドのタタグループコンソーシアムは20日、ムンバイ海上橋2工区工事の優先交渉対象者に選定された。

ムンバイ海上橋プロジェクトはインド本土のナバシェバ地域とムンバイ南部セウリ地域を海上でつなぐ22キロの海上橋建設事業で、インドの国策事業でもある。完工すればインド最も長い橋となる。総工費は1780億ルピー(約3080億円)に達する。工事区間は3つに分かれているが、主要部分は海を渡る第1〜2工区。全工事費の83%がこの工区に投入される。

大宇建設とタタコンソーシアムは2工区工事の入札に516億2000万ルピー(約893億円)を提示。発注先の予想金額より15%高く、全入札企業の中で最も競争力のある価格だった。そのため「優れた戦略的入札だった」との評価を受けているという。1工区工事の入札では日本のIHIインフラとインドのL&T建設コンソーシアムが、3工区はL&T建設が単独で優先交渉対象者に選定された。

当初、今回の受注争いは日本企業が掌握すると予想されていた。日本の国際協力機構(JICA)が工事費用の85%を低金利借款で提供するなど、日本政府が物量攻勢を仕掛けていたためだ。

建設業界では大宇建設の豊富な経験と技術、海外の建設現場での評判、価格競争力などが高く評価されたものとみられている。業界関係者は、今回の受注によりインドの大型インフラ事業における韓国の建設企業の占有率が拡大すると期待を寄せている。

大宇建設はインド当局から公式に落札通知書を受け取り次第、受注結果を公示する予定だ。インド当局は今年中に工事を開始し、2022年までに完成させる計画を明らかにしている。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「かっこいい。頑張れ、韓国」「前政権のように大統領がわざわざ出向いてアピールしなくても、こうしてうまく行くんだね」「よくやった。韓国は正々堂々と受注して勝利しよう」「無事に完工させ、金をたくさん稼いで韓国経済に役立ててほしい」など喜びや期待の声が寄せられている。(翻訳・編集/堂本)