画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ジンズは20日、JINSと総合車両製作所とコラボした「電車の素材から生まれたアイウエア」第2弾となる「E235系×JINS made in SABAE」モデルを発表した。11月9日の発売(数量限定)に先立ち、10月7〜8日に東京・日比谷公園で開催される「第24回鉄道フェスティバル」にJINSが出展し、各日200本の先行発売を実施する。

「電車の素材から生まれたアイウエア」の第1弾は2015年9月に発売され、即日完売するなど好評だったという。「人気車両とのコラボレーションも欲しい」とのリクエストを受け、第2弾の発売が決定。JR山手線の新型車両E235系のステンレス「SUS301L」を生まれ変わらせ、フレームのフロント部分とテンプル(つる)内側のカラーに山手線をイメージしたデザインを採用した。車両製造工程の窓枠切抜き加工で生じた端材をメガネに再利用しており、一般的なステンレスより硬く丈夫であることが特徴。製造は高い加工技術を持つ「メガネの聖地」福井県鯖江市の工場で行われた。

フレームはE235系のフェイスをイメージした「TYPE クハ」(角に丸みがあるフレーム)と「TYPE モハ」(ブローラインを強調したスタイリッシュな印象のフレーム)に加え、環状線である山手線の路線図をイメージしたラウンドタイプ「TYPE サハ」の3種類のラインアップで展開。テンプル部分にJR東日本と総合車両製作所のロゴをプリントし、数量限定モデルであることを証明するシリアルナンバーも記される。

E235系の座席部に使用される布地と同じ素材を使用したオリジナルケース、E235系の特徴ある前面を模したオリジナルセリートも購入者向けに用意。鉄道ファンの心をくすぐるこだわりを随所にあしらった特別仕様となっている。

「E235系×JINS made in SABAE」のフレーム3種類のうち、「TYPE クハ」「TYPE モハ」は10月7〜8日の「第24回鉄道フェスティバル」で先行発売。各日とも「TYPE クハ」「TYPE モハ」を100本ずつ、計200本を限定販売する。11月8日に「JINSアプリ」でも先行発売が行われる予定。11月9日からJINSオンラインショップと一部店舗などで販売開始し、価格は「TYPE クハ」「TYPE モハ」「TYPE サハ」ともに2万円(税込)。発売を記念し、購入者の中から抽選で30名を総合車両製作所新津事業所工場見学ツアーに招待する。