波形純理/澤柳璃子は中国ペアに敗れてベスト4進出ならず [広州国際女子オープン]

写真拡大

「広州国際女子オープン」(WTAインターナショナル/中国・広州/9月18〜23日/賞金総額25万ドル/ハードコート)のダブルス準々決勝で、波形純理(伊予銀行)/澤柳璃子(ミキハウス)はジアン・シンユー/タン・キアンホェイ(ともに中国)に4-6 5-7で敗れた。試合時間は1時間14分。

 波形と澤柳のコンビは、今シーズン4度目のダブルス出場。2月のパース(ITF2.5万ドル/ハードコート)では、2週連続でタイトルを獲得した。今大会の1回戦ではアレクサンドラ・クルニッチ(セルビア)/アレクサンドラ・パノワ(ロシア)を1-6 7-5 [10-7]で破り、ともに今季のWTAツアー初勝利を挙げていた。

 ふたりはシングルスの予選に出場していたが、ともに予選決勝で敗退。第7シードの波形が第5シードのルー・ジンジン(中国)に7-5 1-6 3-6で、第8シードの澤柳は第2シードのレスリー・ケルクホーフ(オランダ)に1-6 5-7で敗れていた。

 ジアン/タンは準決勝で、第1シードのエリーゼ・メルテンス(ベルギー)/デミ・シヒュース(オランダ)とリゼット・カブレラ(オーストラリア)/ヤナ・フェット(クロアチア)の勝者と対戦する。

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「広州国際女子オープン」(中国・広州)のダブルス準々決勝で敗れた澤柳璃子(ジャパンウイメンズオープンの予選でのもの)