アシックスタイガーがスカジャンスニーカーを作るとこうなります!

写真拡大 (全5枚)

戦後、横須賀に駐留していたアメリカ兵の土産物(スーベニア)として作られたという、横須賀ジャンパー=スカジャン。この度、「アシックスタイガー」と「BEAMS」「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」の3社が、“SOUVENIR JACKET(スーベニアジャケット)”=スカジャンという企画名のもとにコラボレーション。

でも作ったのはスカジャンそのものではありません。龍の刺繍やグラフィック、ベロア素材を用いて、まるでスカジャンのようなシューズ、フーディ、パンツ、ロングスリーブTシャツの4アイテムが誕生しました。

3社のコラボ企画、“SOUVENIR JACKET” のメインアイテムのシューズは、アシックスタイガーの代表モデルのひとつである「GEL-LYTE 掘淵殴襯薀ぅ スリー)」をベースとしたもの。


アッパーには、ピッグスキンヌバックとともに、スカジャンの中でも人気の高いベロア素材が使われています。かかと部分には、いかにもスカジャンらしい龍の顔の刺繍が。左右で微妙に表情が違うのも味わいがあります。スカジャン自体を着るのにちょっと抵抗がある人でも、このワンポイントなら気軽に取り入れられるのでは。

かかとのサイド部にはオリジナルフォントによる「Japan」文字が。さらに靴底にも龍が堂々とあしらわれており、これを履いてイスに座った時には、ついつい足を組んで底を見せたくなってしまいそう。価格は1万8360円。

シューズの他、同じくネイビーのベロア素材を用いたフーディ(1万7064円)とパンツ(1万5984円)、そして、龍のグラフィックを両袖にあしらったロングスリーブTシャツ(7020円)がホワイトとネイビーの2カラーで登場。アシックスタイガーオンラインストアなどで発売中です。

>> アシックスタイガー

 

(文/&GP編集部)