幸せな恋がしたいのに、なぜかできない……。それはもしかすると、「非モテ」になっちゃう言葉が口グセになっているせいかもしれません! どんなに自分磨きをしても、口にしている言葉がNGだと恋に発展しないという声も。今回は、男性たちにきいた「恋を遠ざけてしまうNGワード」をご紹介します。

恋が遠ざかる? 使うと「非モテ決定」なNGワード5選

1: 「どうせ○○でしょ」

ネガティブな発言を敬遠する男性は多いもの。なかでも「どうせ私なんて」と自己否定をするようなセリフを口にされると、男性たちに「めんどうくさい」と思われちゃうことも? 否定されると「そんなことないよ〜」と持ち上げなくちゃいけないし、自分のことを見下げるような発言に引いてしまうそうです。

「せっかく褒めているのに『どうせお世辞でしょ?』『私なんてどうせ……』と否定的な返事をしてくる女性! 謙遜のつもりかもしれないけど、素直に『ありがとう』って言うべき」(31歳・メーカー勤務)

▽ 褒められたら、素直に「え、うれしい! ありがとう」と笑顔で対応できる女性はモテるそうです!

2: 「これ、嫌い」

何かにつけて文句をつけちゃう口グセもNGワードのひとつ! 「嫌い」が口グセになっている女性も「マイナス思考すぎる」とばっさり斬られちゃうかもしれません。「それ、嫌いだから」「苦手だから行かない」と何事も否定してばかりいると、恋は遠ざかるいっぽうという意見もありました。

「外見はかわいいのに『嫌い』なものが多すぎる女性。全てに対して否定的な感じがするので、一緒にいても疲れるだけです」(29歳・アパレル勤務)

▽ 嫌い・苦手なものも「受け入れてみようかな〜」という前向きな姿勢が、モテのヒケツ?

3: 「その話、知ってるけど」

男性が話をしている途中で「その話、知ってる」と腰をおる……。そんな口グセも「モテない」という意見が目立ちました。彼が何か教えたがって話をしてくるとき、ちょっとウザいこともありますが……とりあえず「話を最後まできく」ことが大切なのだとか!

「男って説明したり、教えたがることが多いけど。話をしている最中に『それ、知ってるし』と会話を終わらせようとしてくる女性だと、ガッカリします。多少ウザくても(笑)最後まで話をきいてほしい」(32歳・飲食店勤務)

▽ モテる女性は、ウザい気持ちをおさえて「話を最後まできく」。それが恋愛に発展させるきっかけになることも?

4: 「私って本当に忙しい!」

忙しいことをアピールする口グセも非モテワードという声が! 仕事に熱心なのはいいけれど、いつも「忙しい」と言っていると「誘えない」「近づきにくい」「バリキャリアピールに引く」のが男性たちの本音のようです。

「忙しいって口グセのように言う女性。なんか誘いにくいし、仕事に夢中で恋なんてしたくないだろうな〜って敬遠しちゃうので。いいなって思っても、そこ止まりです」(30歳・IT関連)

▽ バリバリのキャリアウーマンはかっこいいけど、「忙しい」と連発すると非モテになっちゃうので注意!

5: 「でも、だって」

会話の中でつい「でもさ」「だって〜」と相手の話を否定するクセがある女性も、恋愛対象外になりがち!? わかってほしくて話をしているのに、何を話しても「でも」って言われると、もう話す気が失せるそうです。彼の話は肯定的にきくのが正解です。

「仕事の悩みとか話しているときに『でもさ、それってあなたが悪くない?』と、否定するようなことを言ってくる女性っていますよね。アドバイスはありがたいけど、とりあえず否定しないで最後まで話をきいてよって思う」(28歳・営業)

▽ あげあしをとるように「でも」と否定しちゃうと「自分自身を否定された気分」になるという声もありました。

会話の中で、つい使ってしまいそうなNGワード。彼との会話の中で使うと「なんか無理」って引かれちゃうかも……。恋を引き寄せるために、できるだけ使わないようにした方がいいかもしれません!