iOS11がARKitに対応したことで、iPhoneはAR(拡張現実)という新たな武器を手に入れました。早速App Storeには、IKEAとAppleが協力して作成したアプリ「IKEA Place」を始め、革新的なARアプリが矢継ぎ早に登場しています。しかし、iOS11をサポートするすべての端末が、ARKitで作られたアプリに対応しているわけではありません。

iPhone6以前や、iPad mini 4以前はAR未対応

Appleがデベロッパー向けに公開しているページによれば、同社が開発したARフレームワークであるARKitは、A9、A10 Fusion、A11 Bionicチップを搭載したiPhoneで動作します。つまり、A8以前のチップを搭載した端末では、仮にiOS11がサポートされていても、ARKitを用いたアプリは正常に動作しません。
 
iPhoneシリーズで対応しているかどうかの一覧は下記となります。
 

デバイスサポートしているかiOS11ARKitiPhone X◯◯iPhone8
iPhone8 Plus◯◯iPhone7
iPhone7 Plus◯◯iPhone SE◯◯iPhone6s
iPhone6s Plus◯◯iPhone6
iPhone6 Plus◯×iPhone5s◯×iPhone5以前
(iPhone5c含む)××

 
したがってiPhoneの場合、iOS11は2013年に発売されたiPhone5sから対応していますが、ARKitを用いたARアプリは、2015年のiPhone6s/6s Plus以降での対応となります。
 
また、iPadシリーズで対応しているかどうかの一覧は下記となります。
 

デバイスサポートしているかiOS11ARKit12.9インチiPad Pro
(第1・2世代)◯◯10.5インチiPad Pro◯◯iPad
(第5世代)◯◯9.7インチiPad Pro◯◯iPad Air
(1・2)◯×iPad mini(2以降)◯×iPad mini(初代)××iPad(第4世代以前)××

 
簡単な目安としては、iPhone/iPadともに2013年9月の新作発表会より後に発売されていればiOS11に対応、iPhoneの場合は2015年9月以降ならARKitに対応、iPadの場合はiPad Pro登場以降ならARKitに対応、といったところでしょうか。

ARKit非対応でもARアプリはダウンロード可能だが

ちなみに、ARKitをサポートしていない端末でも、iOS11に対応していれば、ARKitを用いて作成されたアプリはApp Storeからダウンロード可能です。
 
例えば、AppleとIKEAが協力して作成した「IKEA Place」は、iOS製品のディスプレイ越しに、IKEAの製品を仮想的に現実の室内へ配置できるアプリです。執筆時点(9/20)では、アメリカのApp Storeからしかダウンロードできませんが、実際にARKit非対応のiPhone6 Plusで使うと、下記のようになります。
 

※【閲覧注意:画面が点滅します】
https://iphone-mania.jp/wp-content/uploads/2017/09/527579268.984243.mp4

 
決してアプリがバグを起こしているわけではなく、単にARにiPhoneが未対応だっただけですが、知らずにインストールして、とんでもない目に合わないよう、iPhone5sやiPhone6シリーズのユーザーは注意が必要ですね。
 
 
Source:Apple
(kihachi)