イタリアは現在、「中国人歓迎」プログラムを通して、主要な空港や駅の中国語表示を増やしたり、ホテルの施設などの対策を改善したりするなど、中国人観光客に対する「おもてなし」を向上させるよう取り組んでいる。

写真拡大

イタリアは現在、「中国人歓迎」プログラムを通して、主要な空港や駅の中国語表示を増やしたり、ホテルの施設などの対策を改善したりするなど、中国人観光客に対する「おもてなし」を向上させるよう取り組んでいる。中国・四川省成都市で開催中の第22回国連世界観光機関(UNWTO)総会で、イタリア文化財・文化活動・観光省のドナリ・ビアンキ副省長が明らかにした。新華社が伝えた。

ビアンキ副省長によると、イタリアは中国人観光客との関係を非常に重視しており、中国の観光関連当局と協力して、現地の観光客の需要を調査している。そして、その結果に基づいて、「中国人歓迎」プログラムをさらに調整する。既有の対策には、公共の場で無料で接続できるwifiを増やすことや、クレジットカードが使えるwifiサービス設置、中国人観光客の食習慣に合わせた美食の提供なども含まれている。

イタリア国家統計局の統計によると、2017年1-8月期、昨年同期比15%増となる中国人30万人に査証(ビザ)を発行した。そのほとんどが観光ビザだった。8月の統計によると、個人旅行用ビザが22%増となり、発行申し込み件数も30万件を超えた。

急増中の自由旅行者に対応するために、イタリアは現在、中国人観光客向けに、ブライダル旅行やスポーツ観光など、オリジナリティある旅行商品を打ち出している。(提供/人民網日本語版・編集KN)