画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●ナナメってるー!

国際コンシューマ・エレクトロニクス展「IFA2017」が2017年9月1日から9月6日までドイツ・ベルリンで開催された。デジタル家電、白物家電、オーディオ機器、パソコン関連機器などの新製品が発表される場として注目を集め、延べ25万人以上が訪れた。

世界中の有名なメーカーが出展するIFA2017では、既に発売中であり、グローバルで売れている家電製品も多数展示されている。その中で、日本ではあまり見かけないものの、世界的に注目されている家電を集めてみた。

○換気扇はナナメ? ヒーターにも換気扇

会場で目に留まったのは、ダクト用換気扇の形状だ。ドイツの高級家電メーカーであるミーレなどが展示していた換気扇も、吸気口の部分がナナメになっており、奥の壁側に引っ込んだ形となっている。

日本のダクト用換気扇はほとんどが水平なので不思議に感じたのだが、広い会場を回ってみると、各メーカーが展示している換気扇は、このタイプが多いことに気付いた。

スタッフに聞いてみたところ、海外では背の高い人も多いため、こうしたナナメの換気扇が受け入れられているとのこと。フラットなタイプもあるが、背が高い人にとっては頭が当たって邪魔になるそうだ。

また、換気扇付きのIHクッキングヒーターも数社が採用していた。真ん中に吸気口があり、排気はIHクッキングヒーターの下に設置されたダクトを通っていく。大がかりな工事が必要となるが、上に換気扇を設置しなくてもすむため、キッチンまわりはスッキリするという。

●デカいー!!

○巨大なタンク付きアイロン

ケンウッドのブースでは、台の部分に大容量タンクが付属している巨大なアイロンを見つけた。日本ではアイロン本体に水を入れるタンクがあるが、別にすることでより多くの水を入れることができ、パワフルなスチームが持続する。

日本ではサイズが大きいものは敬遠されるが、海外では機能重視だ。実演しているところを見ると、スチームの量がかなり多く、短時間でアイロンがけが終わっていた。2Lの水を入れられる大きさで、注水しなくても複数の衣類をアイロンがけできる。カーテンといった広い範囲も、分厚い布も簡単にシワが伸ばせそうだ。

アイロン台も立ってかけられる大きなスタンドタイプが多く、そのままアイロンを設置して収納するタイプも多数展示されていた。

○大きさ度外視! 全自動ロボット芝刈り機

日本では、ロボットクリーナーといえば室内で使う自走タイプを思い浮かべるが、海外では屋外で使用する製品も「ロボット」が当たり前のようだ。芝生をカットできる「全自動ロボット芝刈り機」は数社のブースで展示されており、注目度の高い製品だった。

中はプロペラ式の鋭利なカッターが搭載されており、カットしながら芝生を吸い込んでいく。充電ステーションもあって、自動で戻り、充電もする。

使用する屋外の広さによって本体サイズも選べる。さすが屋外用だけあって、一番小さなサイズでもかなり大きい。広い庭に合わせて開発されている製品だけあって、日本の住宅事情では厳しそうだが、海外では今後ますます発展しそうなジャンルの製品だ。

●カラフルー!!

○カラフルなデザイン家電

会場をまわって目についたのは、家電がカラフルなこと。日本のように一度流行すると同じようなカラー、デザインになってしまうということは少なく、メーカーの個性を打ち出しているものが多い。

冷蔵庫は想像できたが、換気扇、オーブン、洗濯機、IHクッキングヒーターまでバリエーションが豊富で驚いた。日本では家電のデザインやカラーを統一することは難しいが、海外では可能だ。

また、スタイリッシュなもの、レトロなものなど、デザインの幅が広い。中には「どういった人が購入するのだろう……」と悩んでしまった家電もあったが、実用性だけでなく、見ているだけでも楽しくなる家電で溢れていた。

海外の大手メーカーは個性的で活気と勢いがあった。日本のメーカーは出展そのものが少なく、ブースもいまひとつ盛り上がりに欠けていたところが多かった。日本は独自のライフスタイルがあるので海外に合わせる必要はないが、"日本らしい"家電が登場し、IFAのような世界的な展示会で存在感を見せてほしいところだ。