【詳細】他の写真はこちら

小沢健二が10月5日放送のNHK『SONGS』に初登場する。

1990年代に彗星のごとく日本の音楽シーンに登場し、「今夜はブギー・バック」や「ラブリー」など数々のヒット曲を世に放ってきた小沢健二。音楽だけではなく、そのファッションや言動も注目され、“渋谷系”というジャンルを作ったとも言われる彼だが、その後、生活の拠点を海外に移したこともあり、音楽番組等に出演することがほとんどなくなっていた。

そんな小沢が、ついに『SONGS』に初登場。今回出演するに当たり、小沢は『SONGS』スタッフと何度もディスカッションを行い、一夜だけのスペシャルなステージをプロデュース。まるでひとつの劇場を作ったかのようなステージセットや、番組全体の構成、さらに観客にふるまう飲み物のレシピまで、すべてにおいて小沢本人の意向が反映された特別な内容となっている。

今回番組で披露する曲は、まず初期の名曲「天使たちのシーン〜愛し愛されて生きるのさ」。この曲は、今注目のジャズバンドSOIL&“PIMP”SESSIONSのトランペッター、タブゾンビとスペシャルセッション。

さらに『SONGS』でテレビ初披露となる「シナモン(都市と家庭)」、さらに19年ぶりの シングルリリースとなった「流動体について」と、小沢健二ワールドを堪能できる曲が揃った。

また現在、小沢が伝えたい思いを、『SONGS』のためにモノローグとして特別に書き下ろし。観客の前で披露する。

現在形の小沢健二の魅力が詰まった25分、二度と見られない貴重なステージをお見逃しなく!

番組情報



NHK総合『SONGS「小沢健二」』

10/05(木)22:50〜23:15

リリース情報



2017.09.06 ON SALE

小沢健二とSEKAI NO OWARI

SINGLE「フクロウの声が聞こえる」

『SONGS』番組サイト

http://www6.nhk.or.jp/songs

小沢健二 特設サイト

http://sp.universal-music.co.jp/ozawa-kenji/

小沢健二 OFFICIAL WEBSITE

http://hihumiyo.net/