ワークスチューニングとは、STI(スバル)、TRD(トヨタ)、NISMO(日産)、無限(ホンダ)といったメーカー直系のレーシング部門が、そのノウハウを市販車向けのアイテムにフィードバックして生み出されたチューニングのことをイメージさせます。

そのワークスチューニンググループ4社が、群サイの愛称で知られる群馬サイクルスポーツセンターを会場に合同試乗会を開催しました。荒れた路面とアップダウンの激しいコーナーの続くタイトなワインディングを模したクローズドコースは、「日本のニュルブルクリンク」と呼ばれるほどシビアなコースですが、だからこそワークスチューニングの高い実力が理解できるという自信の表れでしょう。

ワークスチューニング試乗会にSTIが持ち込んだ一台は、2016-2017年の日本カーオブザイヤーに輝いたインプレッサスポーツ(5ドア)。

新世代プラットフォーム・SGPに2.0リッターの水平対向4気筒エンジンにCVTを組み合わせたモデルです。一見するとチューニングとは縁遠いクルマのようにも思えますが、だからこそSTIの手掛ける意味があるといいます。

テーマは「運転が上手くなる」こと。そのためにボディをしなやかに剛性アップして、サスペンションをきちんと機能させることが重要と、フレキシブルタワーバー、フレキシブルドロースティフナー、ラテラルリンクセットなどでシャシー周りをグレードアップ。

さらに高速でも安心して走れるように空力性能でサポートするアイテム(フロントアンダースポイラー、サイドアンダースポイラー、リヤルーフスポイラー)も備えています。

つまり、エンジン系、サスペンション系には手を入れていないというチューニングなのです。

インプレッサに施したボディチューニングについて、STIは「クルマの体幹を鍛える」といった言葉を使って説明しています。

フレキシブルタワーバー、フレキシブルドロースティフナーといったアイテムは、ただの突っ張り棒ではなく、ボディのしなり(変形)をコントロールすることで、しなやかさと剛性感をバランスアップさせるアイテム。その効果を「体幹を鍛える」と表現しているのです。

また、ラテラルリンクセットはゴムブッシュをピロボールブッシュに変えることで、サスペンションの動きをよりリニアにする効果と、しっかり感のアップが期待できるもの。

こうしたアイテムの相乗効果により、思いのままに運転できるようになるといいます。

試乗会場となった群サイにはちょっとしたストレートもあって100km/h以上を出すこともできますが、その先は下りながらのコーナーとなっていて、一瞬ブラインドで先が見えない状況になります。

リアルワールドで、そうしたシチュエーションになると、コーナーに気付いて「ワッ」とブレーキを強く踏んでしまいがち。そうした急がつくような操作をしても、STIのファインチューンを受けたインプレッサは姿勢を乱すことなく、四輪を接地させたまま減速します。

さらに、奥で一段とキツくなっているようなコーナーで、ステアリングを切り足していってもクルマが反応。しっかりと曲がってくれます。

ためしに、甘めのブレーキングでコーナーに進入しても、クルマがフォローしてくれるので、クリアすることが可能。「運転が上手くなる」ためには失敗をカバーしてくれることが重要だと、STIのパーツをつけたインプレッサは教えてくれたのです。

(写真・文:山本晋也)

【関連記事】

【ワークスチューニング試乗会】

TRDのファインチューン「86」は、運転が上手くなった気にさせる安定感に注目!
https://clicccar.com/2017/09/13/509820/

最速マシンは10年落ち!? ニスモ渾身のR35・GT-R用アップデートプログラム
https://clicccar.com/2017/09/14/509752/

トヨタ・ミニバン軍団の走りをグッと引き締めるTRDのチューニングメニュー
https://clicccar.com/2017/09/15/509807/

ニスモ・チューンでノート e-POWERが峠道最速マシンになる!?
https://clicccar.com/2017/09/15/509764/

クロスオーバーとしてのほどよいバランス。ニスモが手を入れたエクストレイル
https://clicccar.com/2017/09/19/509775/

無限が手がけるとヴェゼルがSUVからホットハッチに変身!
https://clicccar.com/2017/09/16/509831/

無限・フィットの走りは往年の「無限POWER」シビックを思い起こさせる
https://clicccar.com/2017/09/20/509837/

STIがスバルの最新モデルに施した「体幹強化」術とは?
https://clicccar.com/2017/09/20/509792/

STIの純度を高めたレヴォーグは「STIコンプリートカー」と見紛う完成度
https://clicccar.com/2017/09/21/509781/

【ワークスチューニング試乗会】STIがスバルの最新モデルに施した「体幹強化」術とは?(http://clicccar.com/2017/09/20/509792/)