結婚したい、モテない、婚活…アラサーの“恋の悩み”に「桃山商事」がアドバイス

写真拡大

10代後半や20代前半はノリで彼氏をつくれていたのに、年齢を重ねると共に「この人で本当に良いのかな」「なんだか違う感じがする……」と、考えることが多くなり、恋人がなかなかできなくなってしまった。また、結婚ラッシュの中、果たして自分は結婚できるのか? と婚活の悩みを抱えている読者もいるでしょう。

男性が激白! 「僕たちが出会った“イタい婚活女性”」〜パーティー・デート・SNSで〜

9月7日に『生き抜くための恋愛相談』を上梓した、恋バナ収集ユニットの 桃山商事 。女性の恋の悩みを聞く“失恋ホスト”として16年間で1000人以上の女性の悩みに寄り添ってきました。

そんな桃山商事の代表、 清田隆之さんに、アラサーが抱えがちな恋愛の悩みについてうかがいました。

年齢を重ねると相手のことがはっきり見えるようになる

――アラサーになると、若い頃のように積極的に恋愛ができなくなったという方もいます。一言で言うとモテなくなったというか。

清田隆之代表(以下、清田)「東村アキコさんの漫画の『東京タラレバ娘』にも描かれていますが、若い頃は引く手あまただったのに、数年経っただけで状態が変わってしまった……という女性たちの体験談をよく聞きます。

年々自分の価値が目減りしていくような感覚があるとしたら、本当に恐ろしいことですよね。

でも、年齢を重ねると、若い頃よりも自分のことを知るようになり、今までぼんやり見えていたものがはっきりと見えるようになりますよね。自分の価値観が多様化したり、相手を見る眼差しの解像度が上がったりするからです。

ぼんやり見ていた分には付き合えると思っていた男性も、はっきり見えてくると「この人はナシだな」と分かるようになるとか、そういうことは多くの女性が経験しています。

これはつまり、彼氏候補となる分母は減るものの、構造上、バチッと相性の合う男性が見つかる確率が上がっていくということです。だから、分母が減っていくことはそんなに悪いことだとは思いません。今までだったらノリで付き合えちゃっていたような相手でも、今はもう付き合えないというのは、ごく自然な反応です。

野球で言うところの、ボールなのかストライクなのかを見抜く“選球眼”が高まり、バットを振る・振らないが分かるようになったという状態ですよね。

細かく見抜けるようになったことは、むしろ成長と捉えて喜ばしいことのはず。なのに、「恋愛の機会が減っている」とか、「モテなくなった」とか、なぜかネガティブなレッテルを貼ってしまう……。これは本当に悩ましい状況だと思います」

“土台作り”に時間をかけたほうがうまくいく

――最近では婚活アプリなどのネット婚活もカジュアル化していますが、ネット婚活はどう思いますか? ネット婚活ならば登録している人が多い分、出会える確率も上がるのかなと思ってしまいますが。

要は、たくさんの人の中から選び放題ですよね。

清田「本にも書きましたが、ネットの出会いというのは、一対一の「デート関係」になるまでがわりと簡単という部分に大きな特徴があります。

リアルでの友達や知り合いから始まる一般的な出会いでは、デート関係になるまでそれなりの時間と労力がかかりますよね。相手との距離を慎重に縮め、ようやくデートまでこぎつけられるわけで。ネット婚活はいきなりデート関係から始まるので、そこが難しいところであり、楽しい部分でもある。

男性とのデート経験があまりない方がデートの経験を積むには良いと思います。しかしそこには、出会って、相手のことを知って、自分のことを知ってもらって、だんだんと仲良くなって……というプロセスの中で築き上げていく“関係性の土台”がないので、デート関係から始まったとしても、まずはその土台を作る基礎工事に時間をかけたほうが上手くいくと思います。

また、ネット婚活は情報も不足しています。リストの中には無数の候補者がいるため“情報過多”だと考えがちですが、実は相手のプロフィールで分かるのは顔写真や年齢、仕事やちょっとした趣味くらいですよね。実際にお茶や食事を2〜3回しても、とりあえず変な人ではなさそうとか、きちんとした会社で働いているんだなとか、会って分かるのはせいぜいそれくらいです。

2〜3時間のデートを2〜3回したとしても一緒に過ごす時間は10時間。「デートを2〜3回すればだいたい相手のことが分かるはず」とアドバイスされることもあるかもしれませんが、相手のことを知るためには、もっと時間をかけたほういいのではと考えています。

たくさんの人の中から選び放題と言っても、例えば大きな図書館を想像してみてください。本が好きな人なら、たとえ無数に本があったとしても、まずは好きなジャンルの棚へ行き、そこから好きな本を選べると思います。自分の脳内で絞り込み検索ができるからです。

しかし、あまり本を読まない人は、自分の好きな本すら分からないので、どの本を選べばいいのか途方に暮れてしまう」

――では、ネット婚活で成功する人は、元々恋愛が上手な人ということですか?

清田「出会いというのは、「恋愛を目的とした出会い」と「恋愛を目的としない出会い」に分けられます。合コンや婚活アプリ、婚活パーティーのようなものが前者だとしたら、後者は、学校の同級生や仕事の同僚、趣味の仲間といったところです。

例えば後者の場合、学校や会社のような場所で知り合い、体育祭や文化祭に参加したり、グループワークをしたり、一緒にプロジェクトを進めたりする中で、段々と仲を深が深まり、「あの人良いかも」と恋愛感情が芽生えていく……といったことを経験したりしますよね。

婚活市場でガシガシ出会っていくより、後者のようなスタイルで恋愛を育んでいくほうが向いてるって人もいると思います。

もちろん、職場にも友達にも良さそうな相手がいないから合コンや婚活に出向いてるんだよって話だとは思いますが……恋愛が苦手な人は、互いのことをじっくり見定められる「恋愛を目的としない出会い」のほうが結果的にうまくいくような気がします」

――ということは、「恋愛を目的としない出会い」で恋愛につながった経験のない人が婚活サイトで頑張っても相手を見つけられないということですか?

清田「そもそも、婚活で頑張るって何なんでしょうね……。我々が話を聞いた女性の中には、「1回街コンに行ったら絶対に5人以上と連絡先を交換する」「今月は必ず週に2人とご飯する」と自分にノルマを課している人もいました。

時間と労力をかければ成長できる勉強やスポーツと違い、恋愛は人間を相手にするものなので、努力と結果が正比例してくれないことが多い。頑張りが空回りして、徒労感だけが残る、なんてこともあります。

婚活で多くの人と会っても、初対面の人とお茶をするスキルは上がるかもしれませんが、それがイコール交際につながるとは限らないのが難しいところだと思います」

結婚に求めていたものが“別の形”で叶えられる場合も

――うーん、難しい(笑)。アラサー世代は周りの結婚ラッシュを目の当たりにする世代でもあります。焦る気持ちがありますよね。

清田「そうですよね……。みんなから取り残されていくとか、自分だけが劣っているのかもとか、そういった感覚に陥ってしまうのだと思います。

これは例えば、テストで自分だけ悪い点数を取った、就活のときに自分だけ就職できなかったといった苦しみにも近い感覚だと思うんです」

――やはり、結婚=幸せと思い込んでいる人が多いのでしょうか?

清田「この社会にはまだまだその図式が根強く残っていて、メディアや周囲から刷り込まれてしまいますもんね……。もちろん結婚したいという気持ちは否定されるべきものではありませんが、それをいったん“因数分解”してみるのは有効な作業だと考えています。

というのも、結婚したいという思いは、「最終的には自分のことを一番に優先してくれる人が欲しい」「日常を共にするパートナーが欲しい」「いざというとき支え合える相手が欲しい」という欲求の集合体だとも言えますよね。

この本では「付き合う」とはどういうことかを分解してみて考えてみました。定期的に会う、頻繁にLINEをする、家に虫が出たときに退治してくれる、手を繋いだりセックスをしたりする……など、恋人とは、つまりそういった関係を取り結ぶ人のことを指していた。

そう考えると、必ずしも恋人や夫婦という形を取らなくても、その内いくつかは叶えられるかもしれない。

実際、僕は10年くらい男友達とルームシェアをしていたんですが、東日本大震災が起こったときも、真っ先に連絡を取ったのは自分の両親や妹ではなく、一緒に住んでいる二人の友達でした。これは当時の自分にとって、ルームシェアが家族的な機能を果たしてくれていたとも言えます。

確かに結婚には、“一生涯保証”のようなイメージがあるかもしれません。でも、本当にそうでしょうか。僕がルームシェアをしていたときは、もちろんそれが一生続くとは思っていませんでした。それぞれのライフステージは数年単位で変化していくし、実際にルームメイトは結婚して引っ越していきました。

でも、結婚したところで転職や出産、親の病気や会社の倒産、浮気や価値観のすれ違いなど、いくらでもライフステージが変わる可能性はある。結婚は一生涯の居場所を保証してくれるものではなく、互いに維持・継続の努力を積み重ねて初めてそうなるという話ですよね。

そう考えると、ある時期は友達と暮らしたり、また一人になったり、実家に戻ったり、きょうだいと暮らしたりと、そのときのライフスタイルに合わせて数年単位で暮らしを変えていくという発想もありだと思っています。結婚に求めていたものが別の形で叶えられるというケースも多々あるはずなので。

ただし、唯一「パートナーと子育てをしたい」という願望に関しては、現在の日本の制度からすると結婚という形でしかなかなか叶えられないかもしれない。

もちろん里親制度を利用したりペットを飼ったりと、別の選択肢もあるとは思いますが、そこはもっと多様な家族の形が認められるよう、法律なり制度なりが整っていくといいなと個人的には考えています」

――今回の本は日経ウーマンオンラインでの連載を厳選してまとめたものですが、男性から「女性ってこんなことを考えているんだ」といった感想は届きますか?

清田「そう思ってくれる男性がいたらいいなと思っていますが……レア中のレアであるのが現実です。我々のコラムは基本的に「女性たちは男のこういうところを嫌だと感じているようだ。だから我々も気をつけましょう」という態度で書かれているんですが、そういうことを書いても共感してくれるのは女性ばかりで、男性からの反応は正直薄い。そこは我々がもっと頑張らねばならないところなのですが……。

男性は基本、自分にとって耳の痛い話を聞いたとき、それを正面から受け止めようとする人と、「でも女だってそうじゃん」などと反発する人に分かれます。恋愛相手と考えた場合、前者の男性を選んだ方がうまくいく可能性が高いように思います。

そういう意味では、男性にとって嫌な話をしたときに聞こうとするか、耳をふさぐかが、良い男性かどうかを見分けるテクニックとして使えるかもしれませんね(笑)」

■桃山商事(ももやましょうじ)
清田隆之(代表)と森田雄飛(専務)による恋バナ収集ユニット。2001年結成。恋愛の悩みに耳を傾ける「失恋ホスト」を始め、これまで1000人以上の男女から見聞きした話をコラムやラジオで紹介している。

「日経ウーマンオンライン」で連載している恋愛相談が人気を博すほか、女性誌から医学雑誌まで、幅広いメディアに寄稿。著書に『二軍男子が恋バナはじめました。』、『生き抜くための恋愛相談』がある。