岡崎慎司を称える声が鳴りやまない

写真拡大

 レスター・シティに所属する日本代表FW岡崎慎司を英メディアが絶賛している。

 19日、レスターはカラバオ杯3回戦でホームにリバプールを迎えた。ベンチスタートとなった岡崎は、負傷したFWレオナルド・ウジョアに代わって後半8分から登場。すると、20分にMFビセンテ・イボラがヘッドで落としたボールをPA中央から右足シュートを決め、先制点を奪う。さらに33分、岡崎のパスを受けたFWイスラム・スリマニがドリブルから強烈な左足シュート突き刺し、2-0で4回戦進出を決めた。

 1ゴール1アシストと勝利の立役者となった日本代表FWに『スカイ・スポーツ』は、チーム最高タイの『7』をつけ、この試合のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選出。さらに『BBC』も岡崎をMOMとし、「ピッチに出てからわずか12分で先制点を決めた。前半戦は苦しんでいたレスター・シティだったが、彼が投入されてから、レスター・シティは自分たちのペースを取り戻した」と岡崎が試合の流れを変えたと評価した。

 また、『デイリー・メール』は途中出場ながら岡崎にチーム最高の『8』をつけた。『ミラー』は「試合を変えた男」として、岡崎をパフォーマンスを称え、「スリマニとウジョアの前線は攻撃に転じる機会はほとんどなかったが、ウジョアが交代を余儀なくされてから試合はガラリと変わった。途中交代で入った岡崎がリバプールのディフェンス陣を切り裂いたのだ」と褒め称えた。

 FWジェイミー・バーディという絶対的エース不在の中、今季3点目を決めるなど最高のパフォーマンスを披露した岡崎。この勢いのまま、週末に再び本拠地キングパワー・スタジアムで対戦するリバプールからゴールを奪うことができるだろうか。


●プレミアリーグ2017-18特集

●海外組ガイド