画像提供:マイナビニュース

写真拡大

東京メトロは19日、東西線における朝ラッシュ時間帯の混雑緩和対策の一環として冬季・春季に実施してきた「東西線早起きキャンペーン」について、9月25日から通年で実施すると発表した。当面の実施期間は2018年3月31日までの平日とされ、2018年4月以降も継続してキャンペーンを実施する予定としている。

このキャンペーンは、朝ラッシュのピークを迎える前の時間帯に乗車する「オフピーク通勤(通学)」の促進を目的としたもの。事前に登録した「PASMO」または「Suica」で東葉高速線東葉勝田台駅から東西線門前仲町駅までのいずれかの駅から入場し、東西線南砂町駅以西の東京メトロの全駅(一部駅を除く)で午前10時までに降車、または乗換えを行う利用者が対象となる。

キャンペーン参加者は「PASMO」または「Suica」を持参の上、東西線西船橋〜門前仲町間の各駅に設置された事前登録専用端末から登録専用サイトのURLとシリアルキーを取得する必要がある。パソコンかスマートフォンから登録専用サイトにアクセスして必要事項を入力すると、キャンペーン事務局からメールが届く。メールの内容に従って必要事項を入力すると登録完了。9月25日以降、登録した「PASMO」または「Suica」で自動改札機にタッチすると、入場した時間帯に応じた1〜5ポイントを獲得できる。

ポイント数は「メダル」の枚数で表現され、獲得メダル枚数に応じて応募者全員に500〜1,500円の商品券がプレゼントされる。300メダルでもらえる1,500円商品券に応募した人には、抽選で10万円の商品券が当たるWチャンスも用意される。プレゼントの応募期間は第1期が2018年1月5〜31日、第2期が2018年4月2〜30日。なお、7月末までの同キャンペーンに参加登録した人は、改めて参加登録しなくてよいとのこと。