「SONGS」スタッフと何度もディスカッションを行い完成したというスペシャルステージが繰り広げられる/(C)NHK

写真拡大

小沢健二が、10月5日(木)に放送の「SONGS」(夜10:50-11:15NHK総合)に初登場することが分かった。

【写真を見る】特別コラボレーションで活動初期の名曲を披露する/(C)NHK

小沢は1990年代の日本の音楽シーンに登場し、「今夜はブギー・バック」「ラブリー」など、数々のヒット曲を送り出したシンガーソングライター。

そんな小沢が、同番組に出演するに当たり、一夜だけのスペシャルステージをプロデュース。まるで一つの劇場を作ったかのようなステージセットや番組全体の構成、さらに観客に振る舞う飲み物のレシピまで、本人の意向が反映されているという。

小沢は、「天使たちのシーン」「愛し愛されて生きるのさ」をジャズバンド・SOIL&“PIMP”SESSIONSのトランぺッター・タブゾンビとコラボレーションして披露。また、「シナモン(都市と家庭)」や、19年ぶりのシングルリリースとなった「流動体について」を歌い上げる。

さらに、小沢が現在伝えたい思いをモノローグとして描き下ろし、観客へと届ける。