初採用のボディカラーにレカロシートを装着

 マツダ・ロードスターをベースに独自の内外装とパワートレインなどを備えた小型FRオープンカー「アバルト124スパイダー」に、日本での販売開始1周年を記念した限定車「ワンイヤー・アニバーサリー」が登場。100台限定で発売された。

 ボディカラーは同モデル初採用となるネロ・サンマリノ1972ブラック(メタリック)が与えられるとともに、ホールド性が高いレカロ社製セミバケットシートを特別装備。

 さらに、カタログモデルではオプション設定とされている、アダプティブ機能付フルLEDヘッドライト、ヘッドライトウォッシャー、ナビゲーション用SDカード、CD/DVDプレーヤー+フルセグ地上デジタルTVチューナーをセットにした「レザーシート/ナビゲーションパッケージ」を標準装備し、より快適にオープンエアモータリングを楽しめる1台に仕上げている。

 限定台数は6速MT車、6速AT車とも50台で、価格はそれぞれ426万6000円、437万4000円。

【画像ギャラリー】