バックストレートでもリミッター作動

 G’sから新たなブランドへと生まれ変わった、トヨタのスポーツモデルシリーズ「GR」。そのトップに君臨するモデルがGRMNで、ヴィッツに設定される予定だ。 今回、そのヴィッツGRMNのプロトタイプを先行試乗。試乗場所はトヨタのホームコースでもあり、ハイスピードコースで有名な富士スピードウェイだ。ステアリングを握るのは、理論派ドライバーとして車両評価に定評のある中谷明彦さん。 ストレートでは日本仕様のリミッター180km/hにすぐに到達してしまう俊足ぶり。欧州仕様の230km/hリミッターが羨ましい!? そんな圧巻の加速力を動画でチェックしてほしい。