画像提供:マイナビニュース

写真拡大

エレコムは19日、静音設計のフルサイズキーボードの有線 / 無線モデルと、快適な打鍵感の有線プレミアムメンブレンキーボードの2タイプ3製品を発表した。10月中旬に発売する。価格は4,774円から(税込)。

○TK-FCM090SBK

「TK-FCM090SBK」は、独自開発の静音設計を採用するフルサイズキーボードの有線モデル。価格は4,774円(税込)。キートップにラバーカップを取り付け、打鍵時に発生するキートップと上カバーの接触音を抑えている。

本体は「排水機能」を装備しており、液体をこぼしてしまっても裏面の水抜き穴から排出可能。Webブラウザの起動やメディアプレーヤーの再生など実行できるマルチファンクションキーを8種類装備し、キートップにはオリジナルフォントを刻印している。

キー配列は日本語109キー、キーストロークは2.6mm、キーピッチは19mm。傾斜角は2段階で調節可能。インタフェースはUSBで、ケーブル長は1.5m。本体サイズはW446×D155.3×H29.8mm、重量は約491g。対応OSはWindows XP / 7 / 8.1 / 10。

○TK-FDM092STBK

「TK-FDM092STBK」は、2.4GHz帯に対応する無線接続モデル。価格は6,696円(税込)。電源に単4形乾電池×2本を使用し、想定電池使用時間は約9カ月。

レシーバーはコンパクトにまとめられており、レシーバーの本体サイズはW19×D14.5×H6.4mm、重量は約2g。その他の仕様は「TK-FCM090SBK」とほぼ共通で、重量は約466g。

○TK-FCM094HBK

「TK-FCM094HBK」は、プレミアムメンブレンキーボード「EXTRA TOUCH」シリーズに属するフルサイズキーボード。価格は6,696円(税込)。

メカニカルキーボードと同じキートップ設計を採用し、キーの各段を階段状に配置。各キーの上部が指の動きに合わせて湾曲している「ステップスカルプチャー構造」と、各キーの上部が窪んだ「シリンドリカル構造」により、誤入力や無駄な指の動きを少なくし、快適な打鍵感が得られる。

キーの軸受けには、滑りやすく摩耗に強い「POM(ポリアセタール)リング」を搭載し、最大1000万回のキーストロークに耐えられる。上面にはUSB 2.0対応のUSBハブポートを2基搭載し、USBメモリやUSBアダプタを接続できる。マルチファンクションキーは搭載していない。

キー配列は日本語108キーで、キーストロークは4mm、キーピッチは19mm。インタフェースはUSB 2.0で、ケーブルは断線しにくい布ケーブルを採用する。本体サイズはW446.2×D141.1×H35.6mm、重量は約642g。対応OSはWindows XP / 7 / 8.1 / 10。