※写真はイメージ

写真拡大 (全2枚)

子どものころ、寝る前に「本を読んで」と親にお願いしていたことはありませんか。

「お気に入りの絵本があった」「読み聞かせしている最中に親が寝てしまった」など、微笑ましいエピソードも聞く話題です。ただ、中には頭の痛くなるような読み聞かせもあるようで…。

読み聞かせる本じゃない!

5歳の娘を持つ、大学院非常勤講師の水田孝信(@takanobu_mizuta)さんは、金融関係の専門的な研究をしています。

一般的な人にはなじみがなく、説明を受けてもピンとこない研究。しかし、娘さんは就寝時の読み聞かせに、水田さんの博士論文を「読んでほしい」とねだってきたのです!

※写真はイメージ

幼い娘さんの好奇心に付き合い、1か月にもわたり博士論文の読み聞かせを行った水田さん。論文の最後で感謝の言葉を述べる謝辞には、娘さんも登場したため、とても興奮気味に話を聞いてくれたそうです。

ようやく論文の読み聞かせから解放されるのかと、ホッとしたのも束の間…娘さんからこんなひと言が!

次のページも何か英語が書いてあるよ、読んで!

そこも読まなきゃダメなの…

文章ですらない参考文献も聞きたいという、娘さんのあくなき好奇心に頭が下がります。

「これは英才教育、もしくはすでに天才」「私は落語を読み聞かされました」と、読み聞かせにまつわるコメントが寄せられました。

5歳にして論文をねだる娘さん。これから先どんなことに興味を持つのか、いまから将来が楽しみです。

[文・構成/grape編集部]