毎週英語ジョークを紹介している爆笑メルマガ『笑える英語 無料版』から思わずぷっと吹き出す、英語ジョークを紹介します。

 

今週のジョーク「頑固な主張」(Deer Hunter)

A man took his wife deer hunting for the first time.

その男性は妻を連れて初めて鹿狩りに出かけました。

After he explained the basics to his wife, he told her the most important piece of information:

妻に鹿狩りの基礎を一通り説明したあと、夫は最も重要な情報を彼女に伝えました。

Whenever you shoot something, make sure to claim it right away or the first person who gets to your kill can claim it as their own, so be quick if we want to have deer meat in the refrigerator!

何かを撃つ時は、必ずそれは自分が撃った獲物だということを主張しなさい。さもないと、あなたが撃った獲物のもとへ最初に到着した人間がそれを自分のものだと主張するから。冷蔵庫に鹿肉が欲しければ素早く行動をおこすこと。

So they departed to their deer boxes and waited for some deer.

そして、彼らは別々の鹿狩り用の屋へ出かけ、鹿がやってくるのを待ちました。

Minutes later he heard his wife’s gun go off. The husband decided to make sure she went to claim her kill instead of giving it away to someone.

数分後、彼は妻の銃が鳴ったのを聞きました。他人に横取りされる前に、妻が自分の獲物だと主張しているかどうか確かめに行くことにしました。

When he got to his wife she was arguing with another man. When he finally got to his wife the man was shouting waving his hands in the air:

夫が妻のもとにたどりついたときには、彼女は他の男性と口論していました。彼は妻の元へ駆け寄ると、男が手を振りながら空に向かって叫んでいました。

“Okay! Fine lady this is YOUR deer, but do you mind if I take my saddle off your deer before you take it away?”     

「オーケー!これはあんたの獲物だよ。だけど、あんたが獲物を持ち去る前に、私がその獲物から鞍を外してもいいかい?」  

         (サイト『The-Jokes.com』より出典)

 

ひどい目に遭いましたね。 自分の乗っていた馬を撃ち殺されたわけですから、男性が両手を振り回して 抗議するのも当たり前です。しかも「持っていく」とか言ってるし..。ま、口論になれば、男脳は女性脳にかないませんから、後は「いかに損害を 少なくするか」です。 せめてサドルを取り返したのは、手柄ですね。多くの男脳は、たいてい 全部やられちゃうだけですから。

 

image by: Shutterstock

出典元:まぐまぐニュース!