昨年の「ツーリズムEXPOジャパン」韓国ブースの様子(韓国観光公社提供)=(聯合ニュース)

写真拡大

【務安聯合ニュース】韓国南西部の光州市と全羅南道、全羅北道が、21〜24日に東京で開かれる大規模旅行博覧会「ツーリズムEXPOジャパン2017」に参加し、共同で日本からの観光客呼び込みに乗り出す。

 3自治体はこれまで全羅道定道1000年記念「2018全羅道訪問の年」のPRと共同マーケティング活動を行ってきた。

 今回のイベントでは共同で観光説明会を開き、広報ブースを運営するほか、韓国の日本専門旅行社2社と日本の旅行社34社の商品開発・企画担当者を対象に主要な観光商品を紹介する。

 全羅南道のチェ・ソンジン観光課長は「光州、全羅南道、全羅北道を一つの観光商品として構成・運営し、市・道が協力して日本をはじめとする海外の観光客が湖南(全羅)地域を訪れるよう努めたい」と述べた。