ジェットスター・ジャパンは、東京/成田〜宮崎線に12月21日より就航すると発表した。

宮崎空港振興協議会が県民を対象に行った調査では、約67%が格安航空会社(LCC)の宮崎〜東京/成田線の就航を希望していることがわかり、これまで宮崎県と積極的に話し合いを進め、就航を決めた。国内線17路線目で、成田空港発着路線は10路線目。国内線の開設は約2年半ぶりとなる。1日1往復を運航し、片道運賃は5,990円からとなる。

河野俊嗣宮崎県知事は、「宮崎〜成田線は、多くの県民が就航を希望されていることから、県では、これまでLCC各社に対して誘致活動を行ってきたところです。このたび、 ジェットスター・ジャパンによる宮崎〜成田線が新規就航される運びとなり、大変うれしく感じております。成田空港には本県に就航していない多くの国際線が発着しており、 県民の海外渡航がより便利となるほか、旺盛な訪日需要による海外からのインバウンドや首都圏からの観光客の増加も期待されます。県におきましては、今回の就航を契機として、国内外に本県の魅力を発信するとともに、県民に対する利用促進にもしっかりと取り組み、安定的な運航に協力してまいりたいと考えております」とコメントした。

あす9月21日午後2時より航空券の販売を開始し、同日午後6時から就航を記念し、片道運賃を「チキン南蛮一皿に出せる値段」の全国平均である871円としたセールを開催する。871席限定。支払手数料、空港使用料等は別途必要となる。

■ダイヤ

GK633 東京/成田(11:30)〜宮崎(13:40)

GK634 宮崎(14:20)〜東京/成田(16:00)/月・火・水・金・土・日

GK634 宮崎(14:15)〜東京/成田(15:55)/木