ドンナルンマ(左上)、エムバペ(右上)、G・ジェズス(左下)、デンベレ(右下)などがノミネートされたゴールデンボーイ2017。栄冠に輝くのは?(C)Getty Images

写真拡大 (全2枚)

 2017年の若手最優秀選手はだれか? イタリア『トゥットスポルト』紙が主催する「ゴールデンボーイ賞」の最終ノミネート25選手が発表された。
 
 ヨーロッパでプレーする21歳以下の選手の中から、年間MVPを決める同賞は2003年に発足。ドイツの『ビルト』紙、フランスの『レキップ』紙と『フランス・フットボール』誌、スペインの『マルカ』紙や『ムンド・デポルティボ』紙、イギリスの『タイムズ』紙など有力メディアのジャーナリスト投票で受賞者が決まる。
 
 15回目となる2017年度のノミネート選手には、今夏にモナコからパリSGに1億8000万ユーロ(約230億円/支払いは来夏)で移籍したキリアン・エムバペをはじめ、ドルトムントからバルセロナに旅立ったウスマンヌ・デンベレ、ミランの守護神ジャンルイジ・ドンナルンマ、入団半年でマンチェスター・Cで定位置を確保したガブリエウ・ジェズスなどが名を連ねた。受賞者は10月に決定する見込みだ。
 
【ゴールデンボーイ2017のノミネート選手】
GKジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン/イタリア代表)
DFアーロン(エスパニョール/スペインU-21代表)
DFジョー・ゴメス(リバプール/イングランドU-21代表)
DFベンヤマン・ヘンリヒス(レバークーゼン/ドイツ代表)
DFテオ・エルナンデス(レアル・マドリー/フランスU-21代表)
DFカイル・ウォーカー=ピータース(トッテナム/イングランドU-21代表)
MFロドリゴ・ベンタンクール(ユベントス/ウルグアイU-20代表)
MFアマドゥ・ディアワラ(ナポリ/ギニア国籍)
MFエムレ・モル(セルタ/トルコ代表)
MFリース・オックスフォード(ボルシアMG/イングランドU-20代表)
MFクリスティアン・プリシッチ(ドルトムント/アメリカ代表)
MFアラン・サン=マクシマン(ニース/フランスU-21代表)
MFユーリ・ティーレマンス(モナコ/ベルギー代表)
FWジャン=ケビン・オギュスタン(RBライプツィヒ/フランスU-21代表)
FWステフェン・ベルフバイン(PSV/オランダU-21代表)
FWドミニク・キャルバート=ルーウィン(エバートン/イングランド代表U-21)
FWフェデリコ・キエーザ(フィオレンティーナ/イタリアU-21代表)
FWウスマンヌ・デンベレ(バルセロナ/フランス代表)
FWキャスパー・ドルベア(アヤックス/デンマーク代表)
FWガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・C/ブラジル代表)
FWボルハ・マジョラル(レアル・マドリー/スペインU-21代表)
FWキリアン・エムバぺ(パリSG/フランス代表)
FWマーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・U/イングランド代表)
FWドミニク・ソランキ(リバプール/イングランドU-21代表)
FWユネス・ウナル(ビジャレアル/トルコ代表)
 
 なお、このゴールデンボーイは2004年のウェイン・ルーニー、2005年のリオネル・メッシ、2007年のセルヒオ・アグエロ、2012年のイスコ、2013年のポール・ポグバなど、今を時めくスタープレーヤーたちも若かりし頃に受賞している。
 
【ゴールデンボーイの歴代受賞者】
2003:MFラファエル・ファン・デルファールト(当時アヤックス/現ミッティラン)
 
2004:FWウェイン・ルーニー(当時マンチェスター・U/現エバートン)
 
2005:FWリオネル・メッシ(バルセロナ)
 
2006:MFセスク・ファブレガス(当時アーセナル/現チェルシー)
 
2007:FWセルヒオ・アグエロ(当時アトレティコ・マドリー/現マンチェスター・C)
 
2008:MFアンデルソン(当時マンチェスター・U/現コリチーバ)
 
2009:FWアレッシャンドレ・パット(当時ミラン/現天津権健)
 
2010:FWマリオ・バロテッリ(当時マンチェスター・C/現ニース)
 
2011:MFマリオ・ゲッツェ(ドルトムント)
 
2012:MFイスコ(当時マラガ/現レアル・マドリー)
 
2013:MFポール・ポグバ(当時ユベントス/現マンチェスター・U)
 
2014:FWラヒーム・スターリング(当時リバプール/現マンチェスター・C)
 
2015:FWアントニー・マルシアル(マンチェスター・U)
 
2016:MFレナト・サンチェス(当時バイエルン/現スウォンジー)