CESAやJOGAなど5団体、eスポーツ団体の統合および新設に向けた取り組みを開始

写真拡大 (全2枚)

コンピュータエンターテインメント協会(CESA)及び日本オンラインゲーム協会(JOGA)、並びにeスポーツ業界団体である、日本eスポーツ協会(JeSPA)、e‐sports促進機構、一般社団法人日本eスポーツ連盟(JeSF)の5団体は、日本におけるeスポーツの普及、発展とeスポーツ産業の振興を目標に掲げ、eスポーツ団体の統合・新設に向けた取り組みを開始すると発表した。

上記5団体は、国際大会への選手団派遣や国産ゲームタイトルの供給などに向け、日本オリンピック委員会(JOC)への加盟を目途として、業界統一の団体設立について協議を進め、年内に新団体の設立を目指すとのこと。この新団体は、ゲーム業界団体の協力を得てeスポーツ業界団体が統合を図るもので、世界に類を見ない取り組みとなる。

eスポーツ産業の振興は、日本におけるゲーム産業の発展に寄与し、国際競争力を高めるものと考えているとのこと。新団体では、プロライセンス発行等を行うことで、eスポーツ選手が日本及び世界で活躍できる環境の整備を進め、eスポーツ選手の地位向上に努めていく。

■コンピュータエンタテインメント協会

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・CyberZ、10〜60代1,200名に「eスポーツ」ユーザー認知調査を実施
・LINEアプリ内の「ニュースタブ」を刷新。天気や占い、鉄道の運行情報などを新設
・「駅メモ!」ボイスキャストに代々木アニメーション学院 ×指原莉乃プロデュースアイドル「=LOVE」を起用
・「嵯峨野観光鉄道×駅メモ!」トロッコ列車で嵯峨嵐山巡りイベント開催
・パンダくろしおSmileアドベンチャートレイン「臨時列車」の運転が決定