@AUTOCAR

写真拡大 (全17枚)

もくじ

ー SQ5、3.0 TFSIを搭載 MLB evo採用
ー Q5のオプション品 SQ5で標準に
ー 「SQ5」 外装を見る
ー 「SQ5」 内装を見る

SQ5、3.0 TFSIを搭載 MLB evo採用

アウディSQ5は、3.0 TFSIエンジンを搭載したQ5シリーズのトップモデルで、高い運動性能だけでなく、内外装にも特別な意匠を凝らしたとアウディは説明する。

初代モデルは、2013年に日本で発売され、そのプレミアムなデザインと高性能な走りで、以来アウディQ5の販売の20%以上を占める人気車種となった。

今回のフルモデルチェンジで、新しいモジュラーテクニカルプラットフォームであるMLB evoを採用することで、オールラウンドな資質がさらに磨かれた。

新型アウディQ5同様、ボディサイズは従来型に対して若干拡大したが、車両重量は70kg軽くなっている(日本仕様での比較)。

Q5のオプション品 SQ5で標準に

新設計された3.0 TFSIエンジンは、過給システムを従来の機械式スーパーチャージャーに換えてツインスクロールタイプのターボチャージャーを採用し、354psの最大出力、51.0kg-mの最大トルクを発生すると同時に、レスポンスも向上している。

0-100km/hを5.4秒で加速する俊足の持ち主でありながら、アウディ独自の画期的燃焼方式である「Bサイクル」を採用することで、燃費効率も10%改善している。

エンジンパワーは、8速ティプトロニックを介して「クワトロ」フルタイム4WDシステムに伝えられる。「セルフロッキング センターディファレンシャル」タイプで、一般的な運転状況においては、エンジンパワーを後輪に60%、前輪に40%に配分する。

標準設定のダンピングコントロール機能付きスポーツサスペンションと合わせて、よりスポーティーなハンドリング性能を堪能することができる。

また、オプションで、走行速度や切り角に応じてレシオを可変制御する「ダイナミックステアリング」も選択することができる。

新型アウディQ5シリーズのトップレンジとして、装備は充実しており、通常のアウディQ5でオプションの扱いになっている
・アウディサイドアシスト
・アウディプレセンスリア(クロストラフィックアシストとエグジットワーニングを含む)
といったシステムも標準装備されている。

ヘッドライトはマトリクスLEDヘッドライトを標準装備し、フロント/リアともにLEDのダイナミックターンインジケーターが装着される。

また、フルデジタルメーターパネル「アウディバーチャルコクピット」も、オプションで提供される。

今回発売するアウディSQ5の価格(消費税込)は8,870,000円。

「SQ5」 外装を見る

エクステリアでは、
・専用のシングルフレームグリル
・大胆なデザインのバンパー
・20インチ5ツインスポークのアルミホイール
などが、スポーティさを強調。

「SQ5」 内装を見る

インテリアでは、ステアリングホイールやシートに施された対照色の飾りステッチや、カーボン仕上げのデコラティブパネルなどにより、ダイナミックな雰囲気が演出されている。