【ソウル聯合ニュース】韓国、米国、日本の国防当局が20日、北朝鮮による15日の弾道ミサイル発射を受けてテレビ会議を開き、新たな挑発防止に向けた北朝鮮への圧力強化のため連携することで一致した。韓国国防部が伝えた。

 会議には韓国の朴哲均(パク・チョルギュン)国防部国際政策次長、米国のウィンターニッツ国防総省東アジア筆頭部長代行、日本の大和太郎・防衛省防衛政策課長が出席した。

 3カ国は北朝鮮のミサイル発射について、国連安全保障理事会が北朝鮮の6回目核実験を受け11日(日本時間12日)に採択した追加制裁決議をはじめ複数の決議に明白に違反する挑発行為だと強く非難した。

 韓米日は、北朝鮮の脅威に効果的に対処するため今後も緊密に連携していくことを確認した。北朝鮮が核・弾道ミサイル開発計画を中断し、さらなる挑発行動に出ないよう最大限の圧力をかけるため、国際社会とも協力を続けていく。