ブランズウィック傘下のレーベル、ダカールから数々のヒットを飛ばし、60年代のシカゴ・ソウル隆盛にひと役買った彼。本作にはMURO「浪漫SOUL」ネタの「Overdue」も収録。ジャケに写るクラシックカー同様、型は古くても現役感バリバリ。(久保田泰平)

【RECORD】

【登場車両】
CLENET

クレネ
機1976-86)

●当時はクラッシックカーのレプリカや、クラシックカー調のモデルが流行っていた。本物では手がかかるので、手軽に気分だけを楽しみたいという富裕層のニーズがあったようだ。

(クリッカー編集部)

【関連リンク】

書籍版の「カージャケ CAR JACKET GRAPHIC」はこちら。
http://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=8982

定価2400円 (本体価格2222円)
ISBN:9784779629051

【カージャケNo.084】シカゴソウルらしいゴスペル感にあふれたヴォーカル I Just Can’t Keep On Going TYRONE DAVIS [タイロン・デイヴィス]1980(http://clicccar.com/2017/09/20/495082/)