これぞ“サガ”プライズ! ムツゴロウなど“珍魚”を使った餃子にびっくり餃天?

写真拡大 (全2枚)

 見た目はちょっと、ヨーロッパの教会のガーゴイル的な…。有明海の“珍魚”ムツゴロウが、カリカリ、クリスピーな餃子になって登場した。レシピの動画が公開されている。

 47都道府県を対象に、認知度や魅力度・イメージなどを聞く地域ブランド調査(ブランド総合研究所)で、かなり下位の方にある佐賀県。昨今かなり広報に力を入れている感がある。佐賀県が行っている地⽅創⽣プロジェクト「サガプライズ!」では、“餃子の王様”パラダイス山元が運営する会員制餃⼦レストラン「蔓餃苑(まんぎょえん)」とのコラボ企画、「珍魚苑」を展開。有明海の珍魚ムツゴロウ・ワラスボ・イソギンチャク・赤貝の4種を餃子にする調理方法を紹介している。珍魚愛あふれるレシピ動画は必見だ。

 例えば、素焼きのムツゴロウを、餃子の皮の洋服を着せるように包み、背びれに似せた形に切って揚げ餃子に。マヨネーズとがん漬け(佐賀県の名物で小カニを使った塩辛の一種)を混ぜた特製ソースで、ディップして食べるのがポイントだ。ところでムツゴロウ、どこで買えるかな〜?

https://youtu.be/XJXkdC2LHJM