「kiLLa presents NYMPHO」

写真拡大 (全2枚)

2017年10月8日(日)に次世代ヒップホップクルー・kiLLaがイベント「kiLLa presents NYMPHO」を渋谷・SOUND MUSEUM VISIONで開催する。

【次世代クルー kiLLaがリリースパーティー開催 ANARCHYや海外ラッパーもの画像・動画をすべて見る】

これは、YDIZZYさんの1stアルバム『DIZZiNESS』のツアーファイナル、Arjunaさんの1stアルバム『Lord Shaka』、そしてKiLLaのEP『kiLLa EP vol.3 F.O.E [Family Over Everythig]』のリリースを記念して兼ねたビッグパーティーとなる。

さらにゲストとして、ハードコアなバックグラウンドから支持を得るラッパー・ANARCHYさん、台湾の気鋭ヒップホップクルー・TGMF(The Gangster Money Fast)、独自のアート・フォームを展開するニューヨークの若手ラッパー・BONE$ THE SPITTAさんといったグローバルな出演者の参加が決定している。

次世代ヒップホップクルー・kiLLaとは?



kiLLa/画像は、SOUND MUSEUM VISIONの公式サイトより



kiLLaは、ラッパーのYDIZZY(ワイディジー)さん、Arjuna(アジュナ)さん、Blaise(ブレイズ)さん、KEPHA(キーファ)さん、DJのNo Flower(ノーフラワー)さん、女性トラックメイカーのacuteparanoia(アキュートパラノイア)さん、VJ兼デザイナーのYESBØWY(イエスボウイ)さんなど9人のメンバーからなるヒップホップクルー。

漫画『AKIRA』で描かれているような、混沌としたネオ東京に生きるかのごとく、ハードなリリックにベースが効いたトラック、パンクロックを彷彿させるような縦乗りのアグレッシヴなライブが最大の特徴だ。



その活動は音楽のみに留まらず、ファッション、パーティーオーガナイズ、ブランド制作など多方面のクリエィティブに及んでいる。

2016年12月には、メンバー全員で制作したEP『kiLLa EP vol.1』、2017年7月には同シリーズの2作目『kiLLa vol.2 Summer - EP』をデジタルリリースし、今回リリースする『kiLLa EP vol.3 F.O.E [Family Over Everythig]』は、kiLLa初のフィジカル作品となる。

さらに、海外イベントへの出演なども果たし、2017年6月にはVICE「Noisey」で特集されるなど、日本のみならず世界の音楽シーンからの注目度も日に日に増している。

現在の日本のユースカルチャーを牽引するkiLLaがどんなパフォーマンスを見せるのか、ヘッズならば足を運んで肌身で感じてみてはいかがだろうか。